記事一覧

相次ぐ「スプラトゥーン3」のコラボ商品 果たして売れ行きは

相次ぐ「スプラトゥーン3」のコラボ商品 果たして売れ行きは

任天堂が2022年9月9日に、インクを地面に塗り合うゲーム「スプラトゥーン」の新作「スプラトゥーン3」を発売するのを機に、コラボ商品が相次いで発売される。

記事を読む
「スシロー」のFOOD&LIFE COMPANIES、回転ずし最大手の行く末は?|ビジネスパーソンのための占星術

「スシロー」のFOOD&LIFE COMPANIES、回転ずし最大手の行く末は?|ビジネスパーソンのための占星術

回転ずし4強の中で、トップを独走するのが「スシロー」を展開するFOOD&LIFE COMPANIES(旧スシローグローバルホールディングス)。ところが、今年6月、消費者庁から「おとり広告」を行ったとして景品表示法に基づく措置命令を受けた。来し方行く末を西洋占星術から眺めてみると?

記事を読む
第一製パンが4.5億円から9億円の最終赤字に大幅修正、ポケモンパン依存からの脱却が必要か?

第一製パンが4.5億円から9億円の最終赤字に大幅修正、ポケモンパン依存からの脱却が必要か?

第一製パンが2022年12月期の業績予想の下方修正を発表しました。4億5,000万円としていた純損失額を、8億9,900万円へと大幅に引き下げました。横浜工場の生産を他の工場へと移転し、工場を閉鎖する事業構造改善費用11億4,900万円を特別損失として計上したためです。

記事を読む
「日本電産」創業者・永守重信氏の後継者は誰になるのか

「日本電産」創業者・永守重信氏の後継者は誰になるのか

2022年8月25日、日本電産の関潤社長兼最高執行責任者(COO)が「退任する見通し」とのニュースが駆け巡った。見通し通りになれば、創業者である永守重信氏の後継者と目されてきた3人の大企業出身者がいずれも退くことになる。

記事を読む
旧村上ファンド系の「シティ」が動きを活発化、ジャフコが新たな標的に

旧村上ファンド系の「シティ」が動きを活発化、ジャフコが新たな標的に

旧村上ファンド系の投資会社による大量保有報告書の提出がここへきて活発化している。提出件数は5月、6月、7月各3件だったが、8月はすでに9件(8月24日時点)を数える。8月にはベンチャーキャピタル最大手、ジャフコグループ<8595>の株式を新規保有したことが判明し、その後、11.87%まで買い増した。

記事を読む
コーポレートガバナンスを考える 株主提案から考える企業価値の創造(中)

コーポレートガバナンスを考える 株主提案から考える企業価値の創造(中)

代表的な資本コストであるWACC(Weighted Average Cost of Capital)とそれに対応する収益力・資本効率等に関する指標であるROICは、日本の上場会社にも浸透してきている。

記事を読む
今年初のゴルフ場倒産 若者を中心にゴルファーは増えてはいるが…

今年初のゴルフ場倒産 若者を中心にゴルファーは増えてはいるが…

今年初となるゴルフ場の倒産が発生した。東京商工リサーチ(大型倒産=原則負債総額30億円以上と、注目企業の倒産情報)によると、秋葉ゴルフ倶楽部(愛知県新城市)と関連5社は2022年8月9日に、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。

記事を読む
【M&A】東証、「公正なM&Aの在り方に関する指針」公表後3年目の開示状況を公表

【M&A】東証、「公正なM&Aの在り方に関する指針」公表後3年目の開示状況を公表

東証は2022年7月1日、経済産業省が2019年6月28日付で策定した「公正なM&Aの在り方に関する指針」を踏まえ、2021年7月1日から2022年6月30日までに公表されたMBO(14件)及び支配株主による従属会社の買収(27件)の計41件について開示状況を公表しました。

記事を読む
「飲料・食品」10~12月に値上げラッシュか 値下げ企業もちらほら

「飲料・食品」10~12月に値上げラッシュか 値下げ企業もちらほら

飲料・食品業界で2社に1社が、2022年8月以降に値上げを予定していることが分かった。すでに実施した企業を含めると実に9割近くに達する。そんな中、あえて値下げに踏み切る飲食企業もある。果たして消費者の反応は?

記事を読む
長引く生産減で、国内最強のトヨタ販社にも「売る車がない」危機

長引く生産減で、国内最強のトヨタ販社にも「売る車がない」危機

「まさかここまでコロナ禍の影響が長引くとは思わなかった」が偽らざる本音だろう。これまで「国内最強のカーディーラー軍団」だったトヨタ販社で、新車の納入不足の状況がじわじわと広がっている。中古車もタマ不足が広がり、ますます売る車がなくなった。

記事を読む
大手の4銀行グループが「看板」を並べる、ここはどこ?

大手の4銀行グループが「看板」を並べる、ここはどこ?

ひょっとして東京の珍風景の一つ? 日頃、競合関係にある三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行の看板が通り沿いに仲良く並んでいる。その様子は金融関連のニュースを伝える際、新聞、テレビなどでしばしば取り上げられるので、おなじみかもしれないが、実は意外な場所にある。

記事を読む
「LBO」って何の略?【M&A用語クイズ】

「LBO」って何の略?【M&A用語クイズ】

LBOはLeveraged Buy Out(レバレッジド・バイアウト)の略で、エルビーオーと読みます。M&A手法の一つで、買収対象企業の資産を担保として、金融機関などから融資を受けて買収資金を捻出する方法を指します。

記事を読む
【検証】HISのハウステンボス売却額1000億円は高いか安いか

【検証】HISのハウステンボス売却額1000億円は高いか安いか

HISが子会社のハウステンボスの株式を香港系ファンドに譲渡する交渉が進んでいます。本稿では、このハウステンボスへの投資は成功案件なのか、また「株式90%~100%で1,000億円」という売却価格が高いのか安いのかを検討してみたいと思います。

記事を読む
スタートアップ支援だけでは乗り越えられない 岸田改造内閣に山積する経済課題

スタートアップ支援だけでは乗り越えられない 岸田改造内閣に山積する経済課題

8月10日、第2次岸田文雄改造内閣が発足した。新たに就任した西村康稔経済産業相は自身が主宰する研究会でM&Aの環境整備を主張した経緯もあるだけに、足元の課題である事業再編などの活性化策も求められそうだ。

記事を読む
「アキラとあきら(池井戸潤著・集英社文庫)」|編集部おすすめの1冊

「アキラとあきら(池井戸潤著・集英社文庫)」|編集部おすすめの1冊

累計発行部数72万部を突破した池井戸潤の小説『アキラとあきら』。『半沢直樹』と同じ「産業中央銀行」を舞台に若きバンカーが各々の宿命に向き合う。仕事へのモチベーションを高めたい方、これから社会人になるという方にもおすすめの1冊だ。

記事を読む
上場ラーメン5社の4~6月期業績、持ち直しが広がるも「一風堂」「幸楽苑」で明暗

上場ラーメン5社の4~6月期業績、持ち直しが広がるも「一風堂」「幸楽苑」で明暗

幸楽苑ホールディングス、力の源ホールディングスなど上場ラーメンチェーン5社の2022年4~6月期業績はまん延防止等重点措置が3月に解除されたことなどを受け、持ち直しの動きが広がった。本業のもうけを示す営業損益は力の源HDが2年連続の黒字、ハチバンが3年ぶりの黒字を確保した。残る3社も赤字幅が縮小した。

記事を読む
おいしい話には裏がある イヤホン製造OEMの日特が破産した経緯とは

おいしい話には裏がある イヤホン製造OEMの日特が破産した経緯とは

OEMメーカーの老舗でイヤホン製造を手掛ける日特は2022年4月25日、東京地裁に破産を申請した。本業不振のほか「短期で確実に出口の見えるロレックスへの投資」に手を出してしまった。コロナ禍で先行きが不透明な時代こそ、石橋を叩く経営が必要だ。

記事を読む
始動した経済安全保障、先走ると同盟国に「出し抜かれる」恐れも

始動した経済安全保障、先走ると同盟国に「出し抜かれる」恐れも

経済安全保障推進法が、8月1日に施行された。併せて従来から取り組んできた安全保障貿易管理制度による輸出規制も強化されるだろう。しかし先走りが過ぎると、思わぬ「抜け駆け」を食らうことになりかねない。それも信頼関係のある「同盟国」によって、だ。

記事を読む
(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 8月15日〜8月19日

(聞く)1週間のM&Aニュースまとめ 8月15日〜8月19日

8月15日から8月19日までのM&Aニュースをまとめました 【詳細はこちら】 https://maonline.jp/news/summary20220820

記事を読む
三木監督が語る『アキラとあきら』の見どころと伝えたいこと

三木監督が語る『アキラとあきら』の見どころと伝えたいこと

8月26日公開の映画『アキラとあきら』は「半沢直樹」シリーズなど数々のベストセラーを生み出してきた日本を代表する作家・池井戸潤の同名小説を原作としている。公開を前に、本作ならではの見どころを三木孝浩監督に語ってもらった。

記事を読む
減るファミレス、増えるハンバーガー、焼き肉店 帝国データバンクが調査

減るファミレス、増えるハンバーガー、焼き肉店 帝国データバンクが調査

コロナ前の2019年12月に9230店あったファミリーレストランが、2022年6月には8420店に減少していることが分かった。減少した店舗は810店で、率にすると約9%のマイナスになる。

記事を読む
大学発ベンチャーの「起源」(63) LFOR

大学発ベンチャーの「起源」(63) LFOR

LFORは金沢大学発の健康茶ベンチャー。2022年2月に同大大学院博士課程2年の高野里紗最高経営責任者が漢方薬として用いられる茶を健康増進に役立てるために立ち上げた。きっかけとなったのは神子清水薬草組合が栽培する「トウキ」を紹介されたこと。

記事を読む
「スシロー」商品キャンペーンを本格化 遠のいた客足を呼び戻せるか

「スシロー」商品キャンペーンを本格化 遠のいた客足を呼び戻せるか

「スシロー」を運営するFOOD & LIFE COMPANIESは、消費者庁からおとり広告の再発防止などに関する措置命令を受けた2022年6月9日以来、初となるコラボによる商品キャンペーンを8月19日から実施する。

記事を読む
【南日本銀行】鹿児島の無尽組織が結集して誕生|ご当地銀行の合従連衡史

【南日本銀行】鹿児島の無尽組織が結集して誕生|ご当地銀行の合従連衡史

鹿児島市内に本社を置く南日本銀行は、県内はもちろんのこと、熊本県や宮崎県、さらに福岡県に店舗を構え、さらに東京都に東京支店を置いている。東京支店はA T Mを持たない、いわゆる空中店舗だが、九州における第二地銀協会加盟行のなかで唯一、東京に支店を置く第二地銀だ。

記事を読む
ペッパーフード一瀬邦夫氏は悪材料を出し尽くして二代目社長に花道を用意したか

ペッパーフード一瀬邦夫氏は悪材料を出し尽くして二代目社長に花道を用意したか

「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスの創業者、一瀬邦夫氏が2022年8月12日に代表を辞任。長男で副社長の一瀬健作氏が代表取締役社長に就任しました。「いきなり!ステーキ」は利益を出すために大量の退店をしました。それでも黒字化ができていません。

記事を読む