「正露丸」の由来となった「あの国」とは?

alt

家庭の常備薬に必ずと言っていいほど入っている「正露丸」。その商品名の由来がロシアであることをご存知だろうか?「正露丸」の「露」とは露西亜(ロシア)の頭文字をとったもの。なぜ、日本の家庭薬のネーミングに「ロシア」が採用されたのか?

日露戦争で日の目を浴びた「征露丸」

「正露丸」の原型は、1830年にドイツの化学者カール・ライヘンバッハ氏、ヨーロッパブナから採った木クレオソートを蒸留した薬品。当初は化膿傷の治療に使われたが、後に高い殺菌効果から食肉の保存防腐剤や胃腸薬として利用されることに。江戸時代後期の1839年に長崎のオランダ商館長が日本に持ち込み、「結麗阿曹多(ケレヲソート)」と呼ばれた。

日清戦争で不衛生な水を飲んだことによる感染症の拡大に悩まされた日本陸軍は、クレオソート剤にチフス菌の抑制効果があることを発見した。『明治三十七八年戦役陸軍衛生史』によると、1904(明治37)年の「(日露)戦役ノ初メヨリ諸種ノ便宜上結列阿曹篤(クレオソート)ヲ丸トシテ之ヲ征露丸ト名ケ出世者全部ニ支給」して服用させた。「征露丸」とは、「ロシアを征する丸薬」という意味だ。

「征露丸」の服用により、下痢や腹痛で戦闘不能になる兵士は激減したという。軍医は「征露丸」を脚気の治療薬としても投与した。こちらには全く効果がなく、日露戦争の全将兵の3分の1に当たる約25万人が脚気に罹(かか)り、2万7800人が死亡している。

軍隊での「征露丸」の配給は、日露戦争が終結した翌年の1906年に廃止されたが、戦勝ムードに乗って一般家庭に普及した。戦前は中島佐一薬房が「忠勇征露丸」の商標を持っていたが、1946年に「忠勇征露丸」の製造・販売を大幸薬品<4574>が引き継いだ。

1949年には敗戦国の日本が戦勝国のロシアを「征する」という商標は問題だとの行政指導を受け、「忠勇征露丸」も「中島正露丸」に商標を変更している。

NEXT STORY

ゼレンスキー大統領はウクライナ軍の「暴走」を止められるか?

ゼレンスキー大統領はウクライナ軍の「暴走」を止められるか?

2022/05/24

ロシアのウクライナ侵攻から3カ月が経過し「挙国一致」でロシアと戦っているウクライナだが、和平を巡るゼレンスキー大統領と軍の「温度差」が浮き彫りになってきた。世界経済に及ぼす影響も大きく、ウクライナがどこで和平に舵を切るのか世界も注目している