【失敗の本質】インパールどころではない76年前のオリンピックとコロナ危機

alt

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染再拡大にもかかわらず、日本政府が東京五輪の開催を決めたことが、「インパール作戦」と揶揄(やゆ)されている。しかし、もっと現在の状況に当てはまる作戦がある。76年前に計画された「オリンピック」と「コロナ」を冠した幻の作戦だ。

「インパール作戦」よりも現在の状況に当てはまる?

現在、東京五輪の開催を強行する動きを揶揄する言葉として盛んに使われている「インパール作戦」とは、旧日本軍が1944年3月から7月にかけてビルマ(現ミャンマー)戦線で実施した軍事作戦で、日本側の正式名称は「ウ号作戦」。

蒋介石率いる中華民国(現台湾)軍向けの物資輸送ルートを遮断するため、英国が植民地支配していたインド北東部のインパールを攻略する作戦だった。人員輸送や物資補給が難しいとの反対意見を、司令官の牟田口廉也中将が「必要な物資は敵から奪え」「兵器がない、弾丸がない、食糧がないなどは、戦いを放棄する理由にならぬ。日本男子には大和魂がある」との精神論で押し切った。

その結果、作戦に動員された旧日本軍約9万人のうち、約2万6000人が戦死、3万人以上がマラリアによる病死や餓死で命を落としている。残存が確認されなかった7万2000人が全て戦病死したとすれば、兵士の死亡率は約8割に上る計算だ。

戦後、インパール作戦は「史上最悪の作戦」と呼ばれ、「無謀な作戦」の代名詞となる。ベストセラーとなった「失敗の本質 日本軍の組織論的研究」(ダイヤモンド社刊)でも大きく取り上げられた。

一方、「オリンピック」「コロナ」を冠した作戦は、連合国軍による日本本土侵攻計画。一つは1945年11月に予定していた「オリンピック作戦」である。同作戦では九州南部へ上陸し、首都攻撃を支援するための航空基地を建設するのが目的だった。

もう一つが1946年3月に予定していた「コロネット作戦」。コロネットとは「小さな王冠 (corona)」の意味*。新型コロナウイルスの「コロナ」の派生語だ。新型コロナウイルスの外部にあるSタンパク質の形状から、ウイルス全体が王冠のように見えることから、「コロナウイルス」と名付けられた。

コロネット作戦は湘南海岸から30万人の部隊が上陸して相模川沿いに北へ進み、相模原市・町田市付近に拠点を確保。九十九里浜から鹿島灘にかけての海岸線に上陸した24万人の別動部隊と東京を挟み撃ちする計画だった。

*「馬の蹄冠」の意味もある

NEXT STORY

緊急事態宣言解除は東京五輪開催の最終的な「ゴーサイン」

緊急事態宣言解除は東京五輪開催の最終的な「ゴーサイン」

2021/06/13

東京都や大阪府など全国10都道府県に発令している緊急事態宣言の期限まで10日あまり。政府は来週後半に宣言解除についての決定をするが、期限通り2021年6月20日に解除し、まん延防止等重点措置へ移行する方針という。その先にあるのは五輪開催だ。