キンコン西野氏購入の「YS-11」5000万円は高い?安い?

alt

絵本作家でお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣氏が2021年9月8日に、自らが購入した「YS-11」の画像をインスタグラムで公開した。西野氏は2020年11月のテレビ番組で同機の購入を明らかにしていたが、実機画像の公開は初めて。同機は2019年9月、インターネットオークションの「ヤフオク!」に3500万円(送料別)のスタート価格で出品されたが、せり無しに購入できる「即決価格」の5000万円で落札されて話題になった。さて、この価格は高いのか?それとも安いのか?

2014年の国内入札では223万円で落札

「YS-11」は第2次世界大戦の敗戦で航空機製造を禁じられていた日本が、戦後初めて開発した国産旅客機。1965年4月に航空会社での運用が始まり、国内では2006年9月に旅客機としての運用を終了している。国内での運用が終わった「YS-11」は東南アジアへ中古機として輸出されたが、55年以上前の機体だけに多くは退役している。

2014年12月に国土交通省航空局が実施した公開入札では2007年4月に運用を停止した「YS-11」が、航空機の部品販売や整備を手がけるエアロラボ・インターナショナル(大阪府八尾市)に223万200円(税込)で落札された。同機は2009年と2010年にも入札を実施したが、応札がなかった。「YS-11」は知名度の割に実機の需要はなく、落札価格も相応とみていいだろう。

エアロラボ・インターナショナルが落札し、動態保存している「YS-11」(同社ホームページより)

そう考えれば西野氏が落札した5000万円は運用可能な状態であったとはいえ、相場の20倍以上の「高値つかみ」だったことになる。実際、「ヤフオク!」でも1件の入札もないまま西野氏が即決価格で買い付けたため、他の応募者が「いくらなら買ったのか?」も分からない。

ただ、国土交通省航空局機の落札価格からみて、「ヤフオク!」で提示された3500万円というスタート価格自体が割高だった。西野氏の応募がなければ売れ残った可能性も十分にある。ちなみに「ヤフオク!」のスタート価格に当たる国土交通省航空局機の予定価格は20万2684円だった。

NEXT STORY

「飛行機」と「航空機」はどう違う?|つい混同しがちな単語5選

「飛行機」と「航空機」はどう違う?|つい混同しがちな単語5選

2021/08/01

一見よく似た単語で、普段はあまり気に留めていないが、実は少しばかり意味が違う場合がある。例えば、「飛行機」と「航空機」。「預金」と「貯金」もしかり…。どう使い分けたらいいのだろう?