44年も前に大谷翔平選手の登場を「予言」していた歌があった!

alt
「二刀流」でメジャーのMVPに選ばれた大谷選手(Photo By Reuters)

米ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が、アメリカン・リーグ最優秀選手(MVP)に満票で選出された。日本人選手としては2001年のイチロー選手に続く2人目だが、投手と打者の両方で活躍したケースはメジャーリーグでも珍しく、「ベーブ・ルース以来の逸材」と現地での評価は極めて高い。

「メジャーに日本人選手」すら考えにくかった時代に…

その大谷選手の活躍を「予言」した歌がある。子供グループのビッグ・マンモスが歌う「ぼくらは未来のベーブ・ルース」だ。幼児向けのテレビ番組「ママとあそぼう! ピンポンパン」で流された。歌詞に「バットを振れば ホームラン ピッチャーが投げれば ストライク…そうさ ぼくらは未来のベーブ・ルース」とある。

「ぼくらは未来のベーブ・ルース」を収録したアルバム(アマゾンミュージックホームページより)

リリースされたのは1977年というから、今から44年前。大谷選手が出生する17年も前のことだ。当時、日本人メジャーリーガーは1964〜65年に南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)から野球留学で派遣されたサンフランシスコ・ジャイアンツの村上雅則投手のみ。

村上投手の帰国後は1995年に近鉄バッファローズ(現・オリックス・バファローズ)を任意引退した野茂英雄投手のロサンゼルス・ドジャース入団まで、実に30年間にわたってメジャーに日本人選手は現れなかった。歌がリリースされた70年代は投打の「二刀流」どころか、日本人のメジャー進出ですら「夢のまた夢」と思われていた時代だ。

NEXT STORY

『M&A思考が日本を強くする』|編集部おすすめの1冊

『M&A思考が日本を強くする』|編集部おすすめの1冊

2020/05/04

M&A仲介会社執行役員によるM&A経済再生論。第1章で低迷する日本経済の立て直しにM&Aが必要と説き、第2章では日本が1970年代からスタートアップ大国であったことを指摘。第3章では本業の情報力を駆使して業界ごとのM&A動向を解説する。