ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

おおぞら管理(旧オリオン電機)が特別清算 事業は他社へ譲渡

alt
※画像はイメージです

~旧商号はオリオン電機(株)、事業は他社へ譲渡~

 おおぞら管理(株)(TSR企業コード:013608010、法人番号:4010401115887、越前市家久町41-1、設立2014(平成26)年12月、資本金500万円、代表清算人:高木博司氏)は4月26日、福井地裁へ特別清算を申請し5月20日、特別清算開始決定を受けた。申請代理人は大日方史野弁護士ほか3名(西村あさひ法律事務所、東京都千代田区大手町1-1-2、電話03-6250-6200)。
 負債総額は債権者10名に対して約100億2900万円。

 ビーエーシー北陸(株)の商号で設立され2015年3月31日、オリオン電機(株)(現:FKサービス(株)、TSR企業コード:660080273、法人番号:4210001011533、越前市、2019年1月破産開始決定)からEMS事業(電子回路などの基板)と完成品事業(液晶テレビなど)のほか、これら事業にかかる資産と負債を継承。2015年4月、オリオン電機(株)に商号変更すると同時に本格的に営業をスタートした。
 2016年3月期には約130億円の売上高を計上していたが、その後は完成品事業の受注伸び悩みや生産体制強化のための設備投資が嵩んだこともあり業績は低迷。2018年3月期の売上は約100億円に落ち込み、赤字となるなど厳しい業況が続いていた。
 こうしたなか、2018年11月から2019年1月にかけて協業関係にある2社へ事業を譲渡。当社は清算手続に入り、2019年3月20日、現商号に変更するとともに、株主総会の決議により解散した。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

建設業の継ぎ手に朗報 事業承継の許認可が継続される!?

建設業の継ぎ手に朗報 事業承継の許認可が継続される!?

2019/05/16

建設業の働き方改革の促進、建設現場の生産性の向上、持続可能な事業環境の確保とともに、建設業のスムーズな事業承継のため、国は建設業法などの改正を進めている。将来の建設業の担い手を確保するための改正動向について、行政書士の高橋秀次氏が解説する