ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「さいたま記念病院」が民事再生 事業を承継へ

alt
※画像はイメージです

~「さいたま記念病院」を経営~

 (医)一成会(TSR企業コード:430130716、法人番号:8030005001108、さいたま市見沼区東宮下字西196、設立1965(昭和40)年10月、理事長:遠藤真弘氏)は4月24日、東京地裁より民事再生開始決定を受けた。申請代理人は井上能一弁護士(大手町法律事務所、東京都港区南青山1-1-1、電話03-6459-2381)ほか。再生管財人には綾克己弁護士(ときわ法律事務所、千代田区大手町1-8-1、電話03-3271-5140)が選任された。
 負債は現在調査中。

 理事長は心臓外科医として有名な遠藤真弘氏で、運営する「さいたま記念病院」は病床数199床、内科、外科・消火器外科、総合診療科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、リハビリ科を擁する地域の中核的医療機関。さらに、介護老人保健施設「かわぐちナーシングホーム」(埼玉県川口市)も併設している。
 2015年3月期は約38億1600万円の売上高をあげていたが、2016年3月期は減収とともに病院の不動産を売却したことによる特別損失もあり赤字となった。2017年3月期も売上高が約36億500万円にとどまったうえ、2期連続で赤字を計上。多額の負債を抱え自力での再建が困難となり、他の医療法人に事業を継承するため、今回の措置となった。
 なお、さいたま記念病院と、かわぐちナーシングホームは、通常通り営業を続けている。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

9月から医療法人の分割が可能 適格分割なら税制上の恩恵が

9月から医療法人の分割が可能 適格分割なら税制上の恩恵が

2016/12/26

会計事務所が医療法人を顧問先に持つことは多い。経営コンサルまで手掛ける会計事務所にとって、平成28年9月から医療法人の分割が可能になるため、コンサルティングの幅が広がりそうだ。ただ、今回の分割制度の対象は、持分の定めのない医療法人。対象外の医療法人も多いだけに、今後の緩和が望まれるところだ。