株価算定の記事一覧

【中小企業のM&A】中小企業に最適な評価方式は「時価純資産価格方式」

【中小企業のM&A】中小企業に最適な評価方式は「時価純資産価格方式」

M&Aの検討を行う際の企業価値評価方法は様々。れを採用するかはケースバイケースだが、中小・零細企業M&Aの場合に売手、買手ともに納得を得られやすいのは「時価純資産価格方式」。

記事を読む
旧村上ファンド系が東証1部のエクセル<7591>を加賀電子に売却したカラクリ

旧村上ファンド系が東証1部のエクセル<7591>を加賀電子に売却したカラクリ

加賀電子が同業のエレクトロニクス商社で東証1部上場のエクセルと2020年4月1日に経営統合する。プレスリリースによると、そのスキームは通常のTOBではないとのこと。取引スキームの背景と譲渡価額が適正なのかを検証してみたい。

記事を読む
旧村上ファンド系の南青山不動産が取得した「島忠」の株価は割安か

旧村上ファンド系の南青山不動産が取得した「島忠」の株価は割安か

島忠<8184>の株価が高騰しています。旧村上ファンド系の南青山不動産が5.07%相当を取得したことが大量保有報告書でわかり市場が反応しました。アクティビストが目をつけた島忠の株価が割安なのか、検証してみたいと思います。

記事を読む
【M&Aインサイト】譲渡制限株式の売買価格決定に関する裁判例(非流動性ディスカウントを認めた事例)

【M&Aインサイト】譲渡制限株式の売買価格決定に関する裁判例(非流動性ディスカウントを認めた事例)

今回は、譲渡制限株式の売買価格決定に関する裁判例(非流動性ディスカウントを認めた事例)をご紹介します。

記事を読む
会社の保有している資産に着目する企業評価方法 ~純資産価額法~

会社の保有している資産に着目する企業評価方法 ~純資産価額法~

成熟企業や衰退基調にある企業を評価する際などによく使われる「純資産価額法」について解説します。

記事を読む
【ストックオプション事例研究】アドバンスクリエイト新株予約権(有償ストックオプション)の発行

【ストックオプション事例研究】アドバンスクリエイト新株予約権(有償ストックオプション)の発行

保険代理店のアドバンスクリエイトが有償ストックオプションを発行しました。発行価額が1円(前日終値1,579円の0.06%)と低目のバリュエーションでした。

記事を読む
税制改正速報:非上場株式の年明けの株価が1.7倍に激増する場合も!

税制改正速報:非上場株式の年明けの株価が1.7倍に激増する場合も!

中小中堅企業に大きな影響がある税制改正大綱が出されました。非上場株式の株価算定にご注意ください。

記事を読む
2016年第4四半期TOBプレミアム分析レポート

2016年第4四半期TOBプレミアム分析レポート

2016年第4四半期のTOB件数は、公表ベースで48件と前年と同じ47件であった。MBOは4件と全体の8.3%。アデランスのMBOや三菱商事によるローソンの子会社化が注目案件となった。

記事を読む
 「TOBってなあに? もうかるの?」 第2回

「TOBってなあに? もうかるの?」 第2回

KDDIと住友商事によるジュピターテレコム(J:COM)の買収で、海外投資家らがTOBの買い付けに応じない株主から強制的に株を買い取る際の価格が「低すぎる」と申し立てた主張を、最高裁が退けたのは記憶に新しいところ。TOBを投資の目線で見るとどうなるのだろうか?「節税ヒントがあるかもブログ」のメタボ税理士が、全3回でTOBについて分かりやすく解説する。

記事を読む