ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

買収傾向でみえたサムスン電子の今後 過去3年間の買収まとめ

alt

2015年のサムスン電子買収まとめ

公表日 対象企業 事業内容 取得価格 エリア
2015年1月 シムプレス(SIMPRESS) 印刷サービス 非公開 ブラジル
2015年2月 ループペイ(LoopPay) モバイル決済 非公開 米国
2015年3月 イエスコ・エレクトロニクス(YESCO Electronics) LEDディスプレイ 非公開 米国

2016年のサムスン電子買収まとめ

公表日 対象企業 事業内容 取得価格 エリア
2016年6月 Joyent クラウドソフトウェア 非公開 米国
2016年6月 アドギア(AdGear) デジタル広告 非公開 カナダ
2016年10月 Viv 人工知能アシスタント 非公開 米国
2016年10月 Tachyon Mobility 企業向け携帯端末管理 非公開 米国
2016年11月 ニューネットカナダ(NewNet Canada) モバイルメッセージ 非公開 カナダ
2016年11月 ハーマンインターナショナル(Harman) 自動車部品、オーディオ機器 8,560億円 米国

【関連リンク】 サムスンに買収された次世代AI「Viv」の今後が心配

まとめ:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

サムスンに買収された次世代AI「Viv」の今後が心配

サムスンに買収された次世代AI「Viv」の今後が心配

2016/10/27

M&A Online編集部です。今回は、スマホ発火事故が心配なサムスンがVivを買収した記事を取り上げます。「Viv」はSiriを開発したDag Kittlaus氏らによる次世代人工知能です。