政府がFAXを全廃できない理由は「セキュリティー問題」のウソ

alt

レガシー技術のファクスにセキュリティーの思想なし

複合機でファクス機能を動かすプログラムのバグを利用して悪意のあるデータをファクス通信の体裁で送り込んで、複合機・パソコン経由で情報システムに侵入したりアクセス権限を奪ったりできるという。

同じ複合機でもプリンター機能は認証チェック機能を追加して、認証されたユーザーだけが印刷できるというセキュリティー上の「縛り」をかけられる。だが、古い通信規格であるファクスは、常に未承認のまま通信する仕様なのだ。

つまり複合機をファクスのために固定電話回線と接続した時点で、情報セキュリティー上のリスクにさらされる。一昔前の家庭用ファクスのように電話とファクスに特化した機械を利用すれば、ITネットワークへのハッキングを防ぐことは可能だ。しかし、用紙の補充や感熱リボンなどの交換に手間がかかるため、大量のファクスが出力される事業所用としては使い勝手が悪い。

さらにファクスによる連絡は、エラーのリスクも高まる。たとえば職場で管理しているデータをファクスで送ったケースを考えてみよう。受け取った側は手作業で入力することになるが、その際にミスが起こる可能性がある。定型的な情報のやりとりは、データ通信が最も効率がよく、正確だ。

霞が関の官公庁がセキュリティーを理由にファクス全廃に反対しているのは、現在の仕事のやり方を変えたくない官僚の「もっともらしい言い訳」か、もしくは絶望的なまでの「ITリテラシーの欠如」のいずれかということになりそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

ソフトバンクは12月19日に上場? その狙いと成長性を検証

ソフトバンクは12月19日に上場? その狙いと成長性を検証

2018/10/14

ソフトバンクが10月中に上場承認を受ける見通しとなりました。順調に進めば12月中に東証一部に上場する予定です。市場から調達する金額は2兆5000億円規模。ソフトバンク上場の背景には、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの存在がありました。