売れているのには理由がある――。数多あるビジネス書の中から、どの本をいま読むべきか決めるのはなかなか難しい作業。ならば、世間で売れている本に注目してみようというわけで、ハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」の協力のもと、ビジネス書の月間ランキングを毎月お届けする。

<2017年9月ビジネス書ランキング>

ランキングタイトル/著者/出版社
第1位会社四季報 業界地図 2018年版
東洋経済新報社 編/東洋経済新報社
第2位多動力 全産業の“タテの壁”が溶けたこの時代の必須スキル(NewsPicksBook)  
堀江貴文/幻冬舎
第3位日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る
青山透子/河出書房新社
第4位小さな習慣
スティーヴン・ガイズ/ダイヤモンド社
第5位論理的思考力を鍛える33の思考実験 
北村良子/彩図社
第6位伝え方が9割 1
佐々木圭一/ダイヤモンド社
第7位宝くじで1億円当たった人の末路 
鈴木信行/日経BP社
第8位図解モチベーション大百科 
池田貴将/サンクチュアリ出版
第9位会話もメールも英語は3語で伝わります Simple English for Everyone 
中山裕木子/ダイヤモンド社
第10位これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。 お金と時間を手に入れる6つの思考
金川顕教/ポプラ社

honto調べ(集計期間:2017年9月1日~2017年9月30日)

「会社四季報業界地図 2018年版」

9月のランキングトップに躍り出たのは、8月末に発売された「会社四季報 業界地図」の2018年版。就活でもお世話になった人が多いであろう「会社四季報」の記者たちが176業界・3960社を取材し、業界地図をまとめた1冊だ。就活生の業界研究にはもちろん、各業界の現状や動向、経済界のトレンドなどを知れるので、ビジネスパーソンにも役立つ1冊だ。業界内の勢力図は数年で変わることもしばしば。毎年購入するというビジネスパーソンも多い。巻頭には20の注目業界がずらりと並び、AI、VR、ドローン、IoT・ビッグデータ、フィンテックといった最新技術系のものが目立つ。書籍だが、来春には各業界で起きた重要な再編や社名変更などのアップデート情報をWeb特典として提供してくれるのも心強い。各業界で記者の「オススメ情報源」として書籍やWebサイトなどが紹介されているので、これらのソースも併せて活用してみると、より理解が深まるだろう。

「日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」

第3位にランクインした「日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」は、今年8月に迎えた三十三回忌を目前に刊行された。日航機123便墜落は日本の航空史上最大の被害となったが、いまだにその事故原因は明らかになっていない。今なお疑問を抱く著者が目撃者らの証言をもとに、これが「事故」だったのか「事件」だったのかに迫る。

「小さな習慣」
「図解モチベーション大百科」

第4位「小さな習慣」、第8位「図解モチベーション大百科」は何かを始めたい人におすすめだ。「小さな習慣」では、いきなり大きな目標を立てて三日坊主で挫折するのではなく、クリアしやすい小さな目標からスタートすることの大切さを教えてくれる。成し遂げたい目標への第一歩を踏み出す力を与えてくれる本だ。首尾よくはじめの一歩が踏み出せたら、「図解モチベーション大百科」でモチベーションの維持向上を。本著では、コロンビア大、プリンストン大、ペンシルバニア大などで行われた心理・行動実験を解説。さまざまな事例を通して、自分だけでなく、周囲の人のモチベーションコントロールにも使えそうな法則を見つけることができそうだ。

まとめ:M&A Online編集部

【関連リンク】その他の「編集部おすすめの1冊」はこちら