ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

元ジャスダック上場のイーター電機工業が破産手続き開始

alt

2018/12/25(火)公開

~元ジャスダック上場~

 イーター電機工業(株)(TSR企業コード:291705626、法人番号:7010801000777、大田区本羽田2-16-10、設立昭和54年12月3日、資本金17億1853万円、髙橋洋社長)は12月25日、事業を停止し、破産手続きを新垣卓也弁護士(清水・新垣法律事務所、港区西新橋3-4-2、電話03-3435-1177)ほか1名に一任した。
 負債総額は31億3644万円(平成30年3月期決算時点)。

 各種電気機器のスイッチング電源専業メーカーとして知られていた老舗企業。小型化や省力化などの技術力に定評があり、電気機器メーカーや電子部品メーカーからの受注を得て順次業容を拡大。平成8年10月に株式を店頭上場(その後、ジャスダック市場に変更)した。
 東京本社のほか、生産拠点としてマレーシアなどアジア地域にも進出し、平成13年3月期の連結売上高は約93億7400万円をあげていた。
 しかし、リーマン・ショック以降の受注不振や円高進行による為替差損が発生するなどして事業環境が悪化。売上減少に加え、採算悪化により20年3月期以降は大幅な赤字決算が続き、27年3月期連結決算債務超過に転落。その後も業績改善がみられず、債務超過を解消することができず上場廃止基準に抵触し、28年7月25日に上場廃止となった。
 以降も事業を継続していたが、30年3月期の単体売上高は約25億8600万円まで減少。業績不振が続くなかで資金繰りも限界に達し、今回の措置となった。
 なお、当社の現在の筆頭株主である山陽電子工業(株)(TSR企業コード:710043171、法人番号:6260001002682、岡山市中区)は12月25日、自社ホームページ内で「弊社電子デバイス事業の製造元であるイーター電機工業(株)が、2018年12月25日をもって事業停止となりました。なお、本件の弊社への財務上の影響はございません。」(原文のまま)と公表している。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

週刊住宅新聞社の破産申請、情報誌事業は別会社で継続

週刊住宅新聞社の破産申請、情報誌事業は別会社で継続

2017/11/19

(株)週刊住宅新聞社は10月31日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は債権者1195名に対して4億4504万円。うち、新聞の購読者は1019名。「週刊住宅」発行事業は(株)週刊住宅タイムズが引き継ぎ、その他の出版物の版権などの一部も他社へ売却している。