menu
Social media

ビジネス

「医療・福祉事業」の倒産状況 2017年1-9月

Cover eb4b6557 4686 43e2 a988 c6703beefb7e
※画像はイメージです

公開日付:2017.10.10

 2018年4月の診療報酬と介護報酬の同時改定を前に、2017年1-9月の「医療,福祉事業」倒産は累計186件に達した。このペースで推移すると、倒産件数は介護保険法が施行された2000年以降で最多になる可能性が高くなった。
 また、負債総額は大型倒産が前年同期より倍増したため、9月までですでに前年を上回った。ただ、全体では負債1億円未満の小・零細規模が83.3%を占めており、小規模企業が件数を押し上げている。
 高齢化社会の成長産業として注目される医療,福祉業界だが、介護職員の人手不足が深刻化するなど、経営のかじ取りが難しさを増し、業界内では淘汰の動きが加速している。

※調査対象の「医療,福祉事業」には、病院、医院、マッサージ業や鍼灸院などの療術業、老人福祉・介護事業などを含む。

2017年1-9月の「医療,福祉事業」倒産、2000年以降で最多ペースで推移

 2017年1-9月の「医療,福祉事業」倒産は、186件(前年同期155件)で、前年同期比20.0%増のハイペースで推移している。
 このままの状況で推移すると、介護保険法が施行された2000年以降で最多件数を更新する可能性が高くなった。

東京商工リサーチ調べ

負債10億円以上の大型倒産が倍増

 2017年1-9月の負債総額は326億700万円(前年同期比82.5%増)で、9月の段階ですでに前年(1-12月)の負債(306億4,500万円)を上回った。
 この要因は、負債10億円以上の大型倒産が8件(前年同期4件)と倍増していることが大きい。ただ、倒産全体では負債1億円未満が155件(構成比83.3%)と8割以上を占め、前年同期と比較しても23.0%増(前年同期126件)と大幅に増加している。

業種別、「病院・医院」が約3割増、「老人福祉・介護事業」は高水準で推移

業種別では、マッサージ業、整体院、整骨院、鍼灸院などを含む「療術業」が57件(前年同期比50.0%増、前年同期38件)、「病院・医院」が22件(同29.4%増、同17件)、「障害者福祉事業」が18件(同125.0%増、同8件)と増加が目立った。
 一方、ここ数年の倒産増勢が目立つ「老人福祉・介護事業」は71件(同7.7%減、同77件)と前年同期を下回ってはいるが、2年連続で年間100件超えの可能性を残し、高止まりで推移していることに変わりがない。

原因別、販売不振が過半数

 原因別では、最多が販売不振(業績不振)の104件(前年同期比4.0%増、前年同期100件)で、全体の過半数(構成比55.9%)を占めた。次いで、事業上の失敗が39件(前年同期比85.7%増、前年同期21件)、既往のシワ寄せ(赤字累積)が12件(同33.3%増、同9件)の順。

TSR

NEXT STORY

500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円で本格ピザが食べられるお店「ナポリス」を運営していた飲食ベンチャー遠藤商事が、今年4月に倒産。「ナポリス」の存続が危ぶまれましたが、10月に新体制の下、再スタートをきりました。500円ピザの「ナポリス」に何が起きて、今後どうなるのか。その詳細について説明します。


注目の記事

Thumb ea53dea8 87a4 4d4c b99c 6cbf3f39d559

500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円で本格ピザが食べられるお店「ナポリス」を運営していた飲食ベンチャー遠藤商事が、今年4月に倒産。「ナポリス」の存続が危ぶまれましたが、10月に新体制の下、再スタートをきりました。500円ピザの「ナポリス」に何が起きて、今後どうなるのか。その詳細について説明します。

Thumb 30bba576 7cac 4115 bad8 0c395f26861f
Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d
Thumb d07ecd1a c9b5 4c50 b95a c13f0b606f3b