公開日:2018.3.26

~映画専門誌「キネマ旬報」を出版していた~

 (株)ケージェイ(TSR企業コード:291291058、法人番号:4010401051728、千代田区九段南3-7-14、設立昭和27年3月4日、資本金1億円、代表清算人:清水勝之氏)は3月20日、東京地裁より特別清算開始決定を受けた。
 負債総額は約7億4000万円。

 大正8年創刊の映画専門誌「キネマ旬報」を出版していた。映画やテレビの専門出版として高い知名度を誇り、平成20年12月期は売上高約18億5000万円をあげていた。21年12月期以降は出版不況の影響から販売が落ち込み、さらに発刊数を絞り込んだため減収で推移し、25年12月期の売上高は約8億4500万円まで低下。利益も売上減に加え、のれん代の償却などもあって28年12月期まで8期連続で赤字を余儀なくされ債務超過額は拡大。
 この間、金融機関から借入金の返済猶予を受けとともに、28年4月には本社を港区赤坂から現所在地に移転した。
 29年3月に「キネマ旬報」を含む当社の主力事業を、(株)キネマ旬報社(TSR企業コード:023602406、法人番号:6010001180974、東京都中央区、平成29年1月設立)に移管し、(株)キネマ旬報社から現商号へ変更。清算手続きを進め同年12月31日、株主総会の決議により解散した。

東京商工リサーチ「TSR速報」より