menu
Social media

ビジネス

週刊住宅新聞社の破産申請、情報誌事業は別会社で継続

Cover 34ea2dd6 8c37 4e2d bc19 143a35d63f4a
※画像はイメージです

公開日付:2017.11.8

~うかるぞシリーズや専門情報誌「週刊住宅」の発行、情報誌事業は別会社で継続~

(株)週刊住宅新聞社(TSR企業コード:290735254、法人番号:6011101009337、新宿区新宿1-9-4、設立昭和36年1月11日、資本金3500万円、代表者:長尾睦子氏ほか1名)は10月31日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には柴田義人弁護士(アンダーソン・毛利・友常法律事務所、港区元赤坂1-2-7、電話03-6894-1129)が選任された。
 負債総額は債権者1195名に対して4億4504万円。うち、新聞の購読者は1019名。

50年以上の業歴を持つ老舗企業。住宅・不動産専門誌「週刊住宅」(公称7万部)の発行で知名度を有し、不動産・住宅関連企業を中心に購読者を抱えていた。出版物としては「うかるぞ宅建士」、「うかるぞ社労士」など、各種資格試験対策向けの参考書や、不動産取引をテーマとした実用書などを得意としていた。このほか、資格受験生向けのセミナーなども開催し、ピーク時の平成12年9月期は売上高10億292万円をあげていた。
 近年は主力の「週刊住宅」の購読者数の減少から業績は伸び悩み、28年9月期は売上高約6億円にまで減少。このため、オンライン上での記事掲載などにも注力していたが、好転せず債務超過状態に陥っていた。
 こうしたなか、29年3月には前代表が亡くなり、後継者問題もあって5月1日、事業継続を断念した。
 なお、「週刊住宅」発行事業は(株)週刊住宅タイムズ(TSR企業コード:025077643、法人番号:7010401132384、千代田区、山口卓哉社長)が引き継いで継続しており、その他の出版物の版権などの一部も他社へ売却している。

東京商工リサーチ データを読む より

東京商工リサーチについて

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


TSR

NEXT STORY

家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身  薬師寺一彦さん(上)

家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身  薬師寺一彦さん(上)

芸術家になる夢が破れて、普通の会社に就職したり実家の商売を継ぐというのはよくあるが、薬師寺さんは真逆のパターン。いったん継いだ家業を捨て、プロの彫刻家になった。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c