支配権最上位企業の本社 東京都がトップ

5,010拠点の日系の支配権最上位企業は1,853社で、日系企業1社当たり2.7拠点だった。支配権最上位企業の本社は東京都が最も多く912社(構成比49.2%)。次いで、大阪府の235社(同12.6%)、愛知県の152社(同8.2%)だった。

トランプ氏優勢が伝えられた9日の東京株式市場は、日経平均株価が一時、前日よりも1,000円を超す下落となった。東京外国為替市場でも円高ドル安が進み、前日より3円以上円高となる局面もみられた。
今回の調査で、アメリカに進出している日系企業は1,853社で拠点数は5,010拠点であることがわかった。現地拠点の産業は、製造業が1,677拠点(構成比33.4%)が最多で、次いで卸売業が1,240拠点(同24.7%)が多い。
卸売業を細かくみると、産業用機械器具卸売業が185拠点、電子部品及び電子機器卸売業が146拠点、自動車付属品及び部品卸売業が82拠点だった。日系メーカーがアメリカに販売目的で拠点を持つケースが目立つ。今後、為替が円高ドル安基調で推移した場合、こうした日系企業の業績に悪影響を及ぼす可能性がある。
また、トランプ氏はTPPに批判的な立場にあるとされ、輸出の形態で現地拠点に製品を供給しアメリカ国内で販売する商流の日系企業の業績に暗い影を落としかねない。
これらのことから、今回のアメリカ大統領選挙の結果は、日系企業の業績に短期的にはマイナスの影響を与えることが想定される。

東京商工リサーチ「データを読む」より

関連リンク トランプ米大統領はM&Aに追い風?