ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【中小企業のM&A】M&Aのタックスプランニング

alt

(参考)所得税の税率表

課税される所得金額税率 税率 所得税控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え900万円以下 23%
636,000円
900万円を超え1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

M&Aに係る税金は優遇されています。売却を検討される際には、思わぬ損をしないためにもタックスプランニングが必要と言えます。
※平成25年~平成49年は復興特別所得税(基準となる所得税額の2.1%)が別途課されます。

文:株式会社ストライク 編集:M&A Online編集部

関連リンク
【中小企業のM&A】企業評価の手法
【中小企業のM&A】企業評価と実際の売買価額はどう違う?

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【キャリア危機への処方箋(3)】M&Aでリストラ宣告!明るい未来を切り拓くためには?

【キャリア危機への処方箋(3)】M&Aでリストラ宣告!明るい未来を切り拓くためには?

2016/11/06

連載第3回では、M&Aに限らずリストラに直面した人々の相談を数多く受けてきたキャリアバランスの弓ちひろ代表と同社取締役の赤堀吉昭氏に、リストラ宣告をされても明るい未来を切り開いていくための処方箋を伺う。