ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【現場の声】ナチュラルチーズメーカーのパイオニア、アトリエ・ド・フロマージュトップが語る。業績好調の中大手食品メーカーに譲渡された経緯とは?

alt
※アトリエ・ド・フロマージュ会長の松岡 容子 氏とチーズ

日本で初めてフロマージュ・フレやブリーチーズを製造したナチュラルチーズメーカーのパイオニアであり、軽井沢や東京などで大人気のレストランも展開するアトリエ・ド・フロマージュ(以下アトリエ)。その本格的なチーズの味は多くのメディアでも取り上げられている。同社のチーズは世界的にも評価が高く、『JAPAN CHEESE AWARD 2014』でグランプリを受賞。さらに、フランスのトゥールで開催された国際ナチュラルチーズコンテスト『モンディアル・デュ・フロマージュ』では最高賞であるスーパーゴールドを受賞した。業績好調の中、2014年に大手食品メーカーへ会社を譲渡された経緯など、お話を伺った。

今後の設備投資や危機対応能力を考え、
経営からの引退とM&Aを決断

創業の経緯を教えてください。

 主人と私は出版社に勤めていましたが、チーズづくりをしたくてそれぞれが退社しました。大学に通ったりフランスに留学したりしてチーズづくりを学んだ後、長野県東御市に小さな工房を建てました。名づけた「アトリエ・ド・フロマージュ」という社名は、フランス語で直訳すると「チーズ工房」という意味です。

 工房は駅から遠く、創業後しばらくは非常に厳しかったです。ただ、本物の味をつくり続けていたおかげで、だんだん口コミでお客様が増えていき、6年目でやっと軌道に乗りました。今もさまざまなメディアで取り上げていただいていますが、実は私たちは広告宣伝を全然行っていないのです。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【M&A相談所】会社を譲渡する場合、息子も退社すべき?

【M&A相談所】会社を譲渡する場合、息子も退社すべき?

2016/09/08

会社を社内にいる息子に継がせるのではなく、M&Aで譲渡しようと考えている愛知県自動車部品メーカーのN・Tさん。息子を武者修行させ、技術力もあるが後継者より本人も技術者として働いていきたいという。譲渡の場合、創業者として自らは、退くつもりでいるが社内にいる息子も会社を去らねばならないのであろうか? 質問が寄せられた。