ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【現場の声】総合情報サイト「All About」トップが語る。ゲーム会社のM&Aの狙いや経緯について

alt
オールアバウト代表取締役社長江幡哲也氏

総合情報サイト「All About」で知られるオールアバウト<2454>は2015年2月、ファイブスターズゲームをM&Aにより戦略子会社化した。ファイブスターズゲームは特に位置情報を活用したアプリの開発力に強みを持つ気鋭のゲーム開発会社である。

オールアバウトはこれまでにもWEBサービス系、生涯学習系など多様な業種とのM&Aを事業戦略に取り入れ、成功させてきたが、ゲーム会社とのM&Aは今回が初めてだ。その狙いや経緯について、今回のM&Aをサポートした専門家がオールアバウトのトップである江幡哲也氏にお話を伺った。

ゲーム会社を子会社化
リアルと連動した位置情報ゲームでO2O支援を強化

M&Aにより戦略子会社化した
ファイブスターズゲームについて教えてください。

 同社は主にスマートフォン向けゲームの企画・開発・運用を行っており、特に位置情報を活用したアプリの開発力に強みを持っています。同社が手がけた位置情報ゲームは人気が高く、海外に配信されているものもあります。

NEXT STORY

【第一三共】国内第3位の製薬会社のM&A苦難の道のり

【第一三共】国内第3位の製薬会社のM&A苦難の道のり

2016/08/10

2005年に三共と第一製薬が経営統合し誕生した第一三共は、売上規模約1兆円、現在国内第3位の製薬会社である。15年3月期で第10期を迎えた第一三共のこれまでのM&Aは、08年のランバクシーの買収に始まり、15年のランバクシーの売却に終わる苦難の道のりであった。それを細かく見ていく。

買収した企業の担当者に聞く