「従来、できものと豆腐屋は大きくなるとつぶれると言われていました」と話すのは、相模屋食料(群馬県前橋市)を豆腐業界のトップ企業に成長させた代表取締役社長・鳥越淳司氏だ。

大胆な設備投資を行う一方で、2012年5月にはデイリートップ東日本を買収。社長就任からわずか6 年余りで売上高は4 倍、年商は140億円を超えるまでに急成長を遂げている。今回は鳥越社長に豆腐業界の現状やM&Aについて伺った。

おいしさの追求と生産技術の革新を両立させ
業績の天井を突破し、成長を遂げる

豆腐業界の現状について教えてください。

お豆腐をつくる事業所数は大きく減少しています。町には70~80歳代になっても元気にがんばっているお豆腐屋さんがいますが、業界全体でみると事業承継の時期に差し掛かっており、廃業するケースも多いようです。豆腐業界の市場規模は微減で済んでおりますが、このまま廃業する事業者の増加が増えると市場規模の減少は避けられません。

ただ、弊社が豆腐業界最大手だといっても、国内シェアの2%強しかありません。他の業種、例えば自動車業界であればトヨタ、日産、ホンダのトップ3 が市場の大部分を押さえていますよね。それに比べると、豆腐業界は産業の集約化が進んでいません。

お豆腐は日持ちがせず、大量生産・大量配送にそぐわないため業績の天井があったのですが、弊社はおいしさの追求と生産技術の革新を実現させることで、その天井を突破し、成長しているところです。

デイリートップ東日本を買収した経緯は?

デイリートップ東日本は、神奈川県川崎市を拠点とする豆腐メーカーです。1996年にダイエーさんの物流センター内に作られた子会社で、06年に協同乳業さんと丸紅さんが引き継がれたものの、業績は苦戦されたようで、12年に弊社の100%子会社となりました。

弊社の工場がある群馬県は交通の要衝で、関東甲信越、東北など各地域への主要道路が整っています。ただ、その日のうちにお届けしなければならないため、渋滞が多い首都圏を通ることは物流上のネックであり、特に神奈川や静岡は近くて遠いエリアでした。そこで生産拠点を神奈川に持ちたいという思いがあり、今回のお話につながりました。

買収後のデイリートップ東日本は?

立ち上がりはとても順調です。相模屋の既存工場のノウハウをもとに、全ラインを一新し、既存工場で確立していた運用方法を生かしています。むしろ重視したのは、相模屋食料の思想や姿勢を伝えることでした。

デイリートップ東日本でも、もちろんお豆腐のおいしさなどを考えてはいたでしょうが、物流の効率化を目的に設立された会社であり、効率化やコスト削減の実現が思想の根底にありました。私どもはお豆腐屋ですから、毎日、いかにおいしいお豆腐をつくり、お届けするかを第一にしています。

その考え方、姿勢を伝えることで、お豆腐づくりに意義や喜びを感じてもらえるようになったのがよかったのだと思います。