menu
Social media

法律・マネー

【現場の声】譲渡先を納得できるまで探した創業者。引退後の生活は?

Cover 41b0d8ed d124 49e8 a0de f0f6562b7d1d
株式会社エフ・イー・シー前代表取締役 野崎敦雄氏

 エフ・イー・シー(埼玉県狭山市)は、1975 年に設立された真空装置の部品メーカーである。設立当初は機械設計も行っていたが、80年代の半導体市場の拡大に伴い、同社の真空装置内技術の需要も増大。2000年に磁石を応用した非接触駆動伝達機構「マグトラン」という革新的な製品の開発に成功した。06 年、後継者不在を理由に、上場している真空装置メーカーに会社を譲渡。今回は、同社の創業者で前社長である野崎敦雄氏に、M&Aの体験と現在の生活についてお話を伺った。

妥協はせず、従業員の雇用を継続し、自社の技術を活用して事業をさらに発展させてくれるお相手を納得できるまで探しました

M&A をお考えになったきっかけは?

 自分の年齢が60 歳を越え、事業承継を考え始めたのがきっかけです。二人の娘がいましたので、どちらかの配偶者に会社を継いでもらえればという思いはありました。けれども、長女はハワイで生活しているため難しく、次女の夫を会社に入れて勉強させてみたのですが、彼は経営者というより技術者のほうが性に合っていたようで、これもまた難しかった。04年頃でしょうか、親族内での事業承継を諦め、M&Aを検討し始めました。

M&A の印象はどのようなものでしたか?

 M&Aについて、最初は「敵対的買収」など難しくてネガティブな印象を持っていました。ただ、海外の知人から「M&Aは創業者利益を得たり、より大きな会社に経営をお願いして会社を存続・発展させることができる」ということを教えてもらい、印象が変わっていきました。M&Aをしようと決断し、M&Aの専門家に相談したのは04年末のことです。

譲渡されるまでの経緯を教えてください。

 マグトランに興味を持った何社かと面談しましたが、納得できる相手と巡り合えず、最初はなかなか話が進みませんでした。当時は会社の業績も問題なく、自分も健康でしたので、何が何でもM&Aをするというより「良い相手がいたら譲渡しよう」という気持ちでもありました。妥協した相手にお願いするのではなく、従業員の雇用を継続してくれること、自社の技術を活用して事業をさらに発展させてくれること、この二つを実現させてくれる企業でなければ譲渡はしないと考えていたのです。

 最終的に買い手となったS 社は、同じ業界の会社だったので、名前くらいは知っていました。S 社に決めた理由は、上場企業だったこともありますが、M&Aの話を進めていく過程で担当の方が非常に紳士的だったこと、そして私たちの製品の良さをきちんと理解してくれたことが大きかったです。もちろん、従業員の雇用の継続も約束してくれました。S 社にお願いすれば、会社が今よりも発展するだろうという期待感を抱くことができましたね。

譲渡された経営者に聞く

NEXT STORY

2014年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344