menu
Social media

法律・マネー

【現場の声】土木管理総合試験所<6171>のトップが語る。M&A活用のメリットと買収後の経営のポイント

Cover 3752160e eb90 419a 8899 d1a092380ac6
※画像はイメージです

2015年で30周年を迎える土木管理総合試験所<6171>は、長野県を地盤に地質調査や物理探査などのサービスを展開する土木試験・管理事業者。その高い技術で公共事業をサポートしているが、約10年前からM&Aを経営戦略として取り入れ、これまでに5件の買収を実行、成熟した業界において目覚ましい成長を遂げている。そこで創業者である代表取締役社長の下平雄二氏に、経営戦略としてのM&A活用のメリットや買収後の経営のポイントなどについてお話を伺った。

M&Aによりエリアを拡大
全国各地に拠点を設け土木・建築事業をサポート

Q:これまでに測量設計、非破壊検査などの企業を買収、成功されていますが、M&Aを事業戦略として検討するようになったきっかけを教えてください。

エリア拡大という経営課題を解決するため、十数年前からM&Aの活用を検討するようになりました。

弊社のお客様の多くは全国展開している大手のゼネコン、建設会社であり、そのお付き合いで長野県外の仕事の依頼をいただくことがありましたが、弊社は県内にしか拠点がなく、対応することができませんでした。

 そこで、拠点のないエリアにおいて、弊社と近い業種の企業と手を結び我々のノウハウを伝えれば、県外でもお客様をサポートできるようになると考えたのです。

Q:非破壊検査などは新規事業への進出ですね。

 新しい技術ではありますが、非破壊検査は弊社がもともと行ってきた地質調査と非常に近い。異業種に見えるかもしれませんが、新規事業というよりも、診断・検査の手法の引き出しが増えたという感じです。

 弊社にとっては、やはりM&Aの最大の目的はエリア拡大であり、滋賀や神奈川など拠点のない地域でのM&Aを積極的に考えてきました。私は、まったくノウハウのない異業種の会社を、簡単に買ったり売ったりしようとは思っていません。相乗効果があり相手企業の社員のモチベーションを今まで以上に上げ、成長させていけるという見通しがあって初めて、M&Aは成功するのではないでしょうか。

買収した企業の担当者に聞く

NEXT STORY

税制度について ~あらためて今考えるべきこと~

税制度について ~あらためて今考えるべきこと~

今年4月に公表された、政権担当者を含む世界の富裕層や企業が租税回避を行っていたことに係る機密文書であるパナマ文書が公表されて話題となり、先日の伊勢志摩サミットにおいて、税と透明性について議論されました。そしてサミット後の先週には、安倍首相は来年4月からの消費税率10%への増税を延期することを発表しました。今回は、税制度について考えて見たいと思います。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344