CD/PCソフトの製造販売を主業とするアスガルド(東京都千代田区)は、今後の経営戦略を策定する中で、経営資源を集中させるため、ゴルフ用品販売のフルショット事業(WEB 販売と実店舗:愛知県名古屋市)を譲渡する方針を決定。M&Aの専門家が買収先の探索を行い、2012年4月、金融機関の取引先である繊維・衣服卸の澤野ニット商事(愛知県岡崎市)に事業譲渡した。

今回はアスガルドの神尾社長、澤野ニット商事の澤野会長と澤野社長、金融機関に今回のM&Aの経緯を伺った。

業績堅調な事業であったが、経営資源の選択と集中を図るため譲渡を決断した

事業譲渡をご決断された経緯を教えてください。

神尾社長:ゴルフ用品販売のフルショット事業の譲渡を検討したのは、本業のソフト製造・販売事業が順調に拡大していく中で、経営資源の選択と集中を図っていかなければならないと考えたためです。

そこで、複数のM&Aの専門家を訪問して話を聞きました。M&Aを検討し始めてから感じたのは、M&Aというビジネススキームには専門家の「人となり」が重要だということです。そんな折に今回の専門家と出会い、担当者の人柄が信頼できたので、M&A の相談をお願いすることにしました。

譲渡について考える中で
不安だったことや決断のポイントは?

神尾社長:それはもう不安でたまりませんでした。我が子のように育ててきた事業をお任せするのですから、安心できるお相手が実際に現れるのだろうかと……。また、フルショット事業は継続的に利益を出せていましたので、譲渡するのはもったいないという気持ちもありました。ただ、先述のとおり、いつかは本業に集中しなければならないという危機感があり、決断すべきだと思っていました。

もう一つ大きな決め手となったのは、澤野ニット商事の澤野会長にお会いし、いろいろお話を聞いて、「この方だったら」と心の底から思えたこと。会長やご家族の方を含め、短期間で本当に親密な関係をつくっていただき、事業をお任せできるという確信が得られただけでなく、今後の自分のビジネスにおいても、長くお付き合いいただけそうだというイメージも持てました。

譲渡する側としては、本当に気持ちよく事業をお譲りすることができた。今は非常にさっぱりとした気持ちです。