menu
Social media

ビジネス

【現場の声】トップが語る物流業の譲渡事例-買収の目的は新規事業分野の人材を得ること。

Cover 966968e0 2a95 4533 a7f1 db4fcdef4b97
※左:ニュースターライン取締役会長・創業者鈴木敏郎氏 右:カンダホールディングス代表取締役社長勝又一俊氏

愛知県名古屋市で31年にわたりフォワダー業を営んできたニュースターライン。後継者不在のため事業承継型M&Aを検討し、M&Aの専門家の仲介を経て、2014年4月、関東エリアを中心に物流業を手掛けるカンダホールディングスに会社を譲渡した。

今回は、ニュースターラインの創業者で現会長の鈴木敏郎氏とカンダホールディングス社長の勝又一俊氏にM&Aに至った経緯やその感想を伺った。

しっかりとした上場企業に事業を引き継いでもらうことが
社員の幸せにつながると考えた

ニュースターラインの業務内容や沿革を教えてください。

鈴木会長:フォワダー業とは、物流業界において、荷主企業と輸送会社を仲介し、貨物の運送取り扱いや利用運送等を行う業務を言います。我々の場合は名古屋港から船で輸出される貨物を扱っており、貨物は中京エリアの産業の趨勢によって変遷してきました。当初の主な貨物は、瀬戸の茶碗やタイルといった陶器、そして一宮の織物。その後はミシンや製造機械などに変わり、現在では多種多様な品目を扱っています。

これまでに為替の大変動や製造業の国外シフト、また競争相手の増加など厳しい時期は何度もありましたが、無駄遣いもせず地道にやってきたお陰で、創業からずっと黒字の無借金経営を続けています。

譲渡を検討されたタイミングは?

鈴木会長:私には息子がおらず、いずれ事業承継について考えなければなりませんでしたが、12 年の夏に最後の兄弟が亡くなり、自分も70 歳を越えて、そろそろ事業承継に着手しなければと思いました。そこで、社員達に「誰か社長をやらないか?」と聞いてみたのですが、はっきりとした答えはなく、結論は出なかった。1~2年くらいは考えていたでしょうか。そんな折にM&Aの専門家とのご縁があり、M&Aによって、しっかりした会社に事業を引き継いでもらったほうが社員達の幸せにつながるだろうと考えるようになりました。

勝又社長はニュースターラインのどこに魅力を感じられたのですか?

勝又社長:第一印象から、とてもよい会社だと思いました。当社は国内の陸運会社からスタートし、次第に運送会社から物流会社へと転身してきましたが、顧客企業の国際的な取り引きになかなか絡むことができずにいました。取引先が海外展開しても、我々の機能が追いつかない、国際物流のエキスパートがいない。そんなジレンマがありました。

その後、いろいろな縁があり、いろいろな人に来てもらって、3年前に国際物流をスタートしましたが、ニュースターラインが手掛けてきた海上輸出の取扱業務は、カンダホールディングス国際物流部門のウィークポイントであり、人材もいませんでした。そのため、M&Aの専門家に今回のお話をいただいたときは、ぜひ進めたいと思いました。

譲渡された経営者に聞く

NEXT STORY

【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(5)「メルカリ」に三井物産などが84億円を出資

【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(5)「メルカリ」に三井物産などが84億円を出資

通販市場でもない、市場統計にも表れない新たな巨大販路フリマアプリ。三井物産などが「メルカリ」の84億円規模の第三者割当増資引受に応じるなど今、ファッション消費マーケットは急速に移り変わっている。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c