menu
Social media

ビジネス

【現場の声】バイク専用駐車場運営のアイドゥトップが語る。M&Aをしてアーリーリタイアにした理由とは?

Cover 68167313 fb67 4583 98d4 6015af777f63
※アイドゥ会長の池田寛和氏

首都圏32カ所で900台のバイク専用駐車場を運営するアイドゥ。“大型バイクを主軸としたセキュリティ完備の月極駐車場”というニッチなビジネスモデルは首都圏に住むバイクオーナーの救世主として安定した成長を果たした。業績好調の中、創業者の池田寛和氏は54歳となった2015年に事業を譲渡。アーリーリタイアを考えられた背景やM&Aに当たって感じたことなどを伺った。

いつまで会社経営をすべきか、自分が本当に望む人生は何か
――人生を楽しめる可能性を考え、アーリーリタイアを決意

アイドゥ創業の経緯を教えてください。

 私はもともとサラリーマンで、当時からハーレーダビッドソンやBMWといった海外メーカーの大型バイクに乗るのが趣味でした。自然とバイクオーナー同士が友人になりやすく、気がつけばフランクに話せる10年来、15年来の仲間ができていました。

 ところが、あるとき友人のバイクが盗まれるという事件が起きたのです。ショックでしたが、私はその友人とはきっとまた新しいバイクで一緒に走りに行けると思っていました。でも、彼は新しいバイクを買わず、仲間に戻ってこられなかった。買ってもまた盗まれてしまうのではないか――そう考えると、新しい大型バイクを買う気になれなくなってしまったそうです。彼はバイクを盗まれましたが、私たちにとっては大切な仲間を盗まれたようなものです。

譲渡された経営者に聞く

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【三井物産】「利益積み上げ型」事業の拡大に向けてインフラ関連へ出資

【三井物産】「利益積み上げ型」事業の拡大に向けてインフラ関連へ出資

中国景気の減少に伴う資源安の影響などで、16年3月期に上場以来初の赤字転落となった三井物産。短期的なサイクルに左右されることなくポートフォリオのさらなる強化を図っている。同社が挙げる7つの攻め筋とともに、直近のM&Aの実績を見てみる。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70