ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【500 Startups Japanトップインタビュー】<3>500 Startupsが描くM&A促進のビジョンとは?

alt
左:代表兼マネージングパートナーJames Riney氏  右:マネージングパートナー 澤山 陽平氏

■図2米国IPOとM&Aの割合

出所:Venture Enterprise Center 2013年度ベンチャービジネスに関する年次報告書より

 図2は米国のIPOとM&Aの割合を示したもの。1980年代は、米国でもIPOが大きな割合を占めていたが、徐々にM&AとIPOの割合が変化し数値が逆転、現在はM&Aのほうが8~9割となっていることがわかる。

NEXT STORY

【500 Startups Japanトップインタビュー】<2>500 StartupsがJapanをPassしないこれだけの理由

【500 Startups Japanトップインタビュー】<2>500 StartupsがJapanをPassしないこれだけの理由

2016/07/07

500 Startups Japanトップインタビュー第2回。「Japan Passing」 の風潮があるという中、この時期になぜ日本向けファンドを設立したのか、そして日本での戦略について聞いた。