「EPS」って何の略?【M&A用語クイズ】

alt

企業の合併や買収を意味する「M&A」には、多くの専門的な言葉が使われます。身近になりつつあるとはいっても、この難しい用語がM&Aの理解を阻む一因ともなっています。あなたは用語の意味が分かりますか?

・・・・・・・・・・・・

EPSとは

EPSは Earnings Per Shareの略で、イーピーエスと呼びます。1株当たりの当期利益を指し、当期利益を発行株式数で割って算出します。

EPS はM&Aを行う際に活用されることがあります。株価が割安か割高かを判断するのに用いるPER(Price Earnings Ratio=株価収益率)は、一般的に15を下回ると、株価は割安と言われます。

PERは株価をEPSで割って算出します。例えば株価が2000円でEPSが200円だと、PER は10となり、その時点の株価は割安であると判断できます。株価が割安なのか割高なのかだけで、M&Aを判断することはありませんが、一つの材料になります。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「MSCB」って何の略?【M&A用語クイズ】

「MSCB」って何の略?【M&A用語クイズ】

2022-11-15

MSCBは、Moving Strike Convertible Bondの略で、エムエスシービーと読みます。日本語では「転換価格修正条項付転換社債」といいます。