「DCF」って何の略?【M&A用語クイズ】

alt

企業や事業の合併や買収を意味する「M&A」には、多くの専門的な言葉が使われます。身近になりつつあるとはいっても、この難しい用語がM&Aの理解を阻む一因ともなっています。あなたは用語の意味が分かりますか?

・・・・・・・・・・・・

DCFとは

DCFはDiscounted Cash Flowの略で、ディーシーエフと読みます。企業価値評価法の一つで、将来、企業が生み出す価値を一定の割引率で除して、現在価値を算出する方法です。

のれん(企業が過去から蓄積してきた営業権やブランドなどの無形資産で、買収される会社の純資産と買収額の差額)や将来に対する期待を反映する評価方法である半面、事業計画に基づく将来の収益見通しを現時点での価値に置き直して評価するため、事業計画の精度によって、企業価値が大きく変わるという面もあります。

関連記事はこちら
企業価値評価の代表格「DCF法」はどんなもの?
会社の収益またはキャッシュフローに着目する企業評価方法 ~DCF法~

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

企業価値評価の代表格「DCF法」はどんなもの?

企業価値評価の代表格「DCF法」はどんなもの?

2021/04/07

DCF(ディスカウントキャッシュフロー)法とは、証券投資や不動産投資における収益性を判断するときに用いられる評価手法の一つですが、M&Aにおける企業や事業の価値を評価する代表的な手法でもあります。