「PEファンド」って何の略?【M&A用語クイズ】

alt

企業の合併や買収を意味する「M&A」には、多くの専門的な言葉が使われます。身近になりつつあるとはいっても、この難しい用語がM&Aの理解を阻む一因ともなっています。あなたは用語の意味が分かりますか?

・・・・・・・・・・・・

PEファンドとは

PEファンドはprivate equityファンドの略で、プライベートエクイティファンド、あるいはピーイーファンドと読みます。投資家から集めた資金(プライベートエクイティ)で、主に未公開の事業会社株を取得し、企業価値を高めた後に売却することで高い利益を得ることを目的としています。事業の当事者として経営に深く関わるのが特徴で、ハンズオン投資とも呼ばれます。

通常の買収だけでなく、株式の非公開化を目的としたMBO(経営者による買収)や、中小企業の事業承継、業績が悪化した企業の再生事業などでも活用されます。未公開企業に投資を行うファンドには、PEファンドのほかにベンチャーキャピタルファンドもあります。ベンチャーキャピタルファンドは創業間もない若い企業に投資するのに対し、PEファンドはもう少し成熟した企業への投資が多くなります。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

KKRなどPEファンドが日本の不動産に熱い視線

KKRなどPEファンドが日本の不動産に熱い視線

2022-09-10

企業買収を手掛ける海外の大手プライベートエクイティ(PE)ファンドが、日本の不動産市場に熱いまなざしを向けている。米KKRが上場REIT(不動産投資信託)運用会社を買収するなど投資拡大に動いている。