「MAC」って何の略?【M&A用語クイズ】

alt

企業の合併や買収を意味する「M&A」には、多くの専門的な言葉が使われます。身近になりつつあるとはいっても、この難しい用語がM&Aの理解を阻む一因ともなっています。あなたは用語の意味が分かりますか?

・・・・・・・・・・・・

MACとは

MACはMaterial Adverse Changeの略で、マックと読み、重大な悪影響のことを指します。

M&Aの契約日と契約の決済日(クロージング日)までの間に、不祥事や取引先の倒産など、買収対象会社の経営に重大な悪影響を及ぼす事象が生じた場合に、買い手が取引の中止を選択できる取り決めのことです。このような取り決めをMAC条項と言います。ただMAC条項が発動されるのは、まれです。

関連記事はこちら
新型コロナウイルス感染症のM&A契約への影響
M&A取引「大地震」への契約上の手当ては? 松本真輔弁護士に聞く

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

なぜプログラマーに「Macユーザー」が多いのか?

なぜプログラマーに「Macユーザー」が多いのか?

2019/06/29

プログラマーにMacユーザーが多い問題について、今回は少し掘り下げて考えてみたいと思います。