【MS&ADインシュアランスグループホールディングス】その社名・ブランドの由来は?

alt

日本には大手、中小・ベンチャーを問わず、高い知名度やブランド力を誇る企業が少なくない。その半面、案外知られていないのがネーミングの由来。社名に託された意味を知れば、その企業のルーツを知る手がかりにもなる。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス

大手損害保険グループの一つ。東京海上ホールディングス、SOMPOホールディングスと並んで「3強」を形成する。

見ての通り、社名がやたらと長く、25文字に及ぶ。それもそのはず、5社を超える数の損保会社が結集しているためだ。「MS&ADホールディングス」を略称として用いている。

社名にある「MS」は「三井住友海上」、「AD」は「あいおいニッセイ同和」を表し、保険持ち株会社の下で、それぞれが中核事業会社の役割を担っている。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下「三井住友海上火災保険」の本社(東京・神田駿河台)

三井海上火災保険と住友海上火災保険が経営統合して三井住友海上グループホールディングスを発足させたのは2008年。そして2010年に、あいおいニッセイ同和損害保険が合流して、現在のMS&ADインシュアランスグループホールディングスに社名を変更した。

あいおいニッセイ同和は元々、あいおい損害保険とニッセイ同和損害保険の合併会社。さらに元をただせば、あいおいは大東京火災海上と千代田火災海上保険、ニッセイ同和はニッセイ損害保険と同和火災海上保険を母体とする。

関連記事はこちら
【シダックス】その社名・ブランドの由来は?

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【シダックス】その社名・ブランドの由来は?

【シダックス】その社名・ブランドの由来は?

2022/09/14

日本には大手、中小・ベンチャーを問わず、高い知名度やブランド力を誇る企業が少なくない。その半面、案外知られていないのがネーミングの由来。社名に託された意味を知れば、その企業のルーツを知る手がかりにもなる。今回取り上げるのは「シダックス」。