「PPA」って何の略?【M&A用語クイズ】

alt

企業の合併や買収を意味する「M&A」には、多くの専門的な言葉が使われます。身近になりつつあるとはいっても、この難しい用語がM&Aの理解を阻む一因ともなっています。あなたは用語の意味が分かりますか?

・・・・・・・・・・・・

PPAとは

PPAはPurchase Price Allocation(パーチェス プライス アロケーション)の略で、ピーピーエーと読みます。買い手企業が買収対象企業の資産や負債の価格を確定する会計処理を指します。対象企業の資産や負債の価格を、買い手企業の財務諸表に取り込むための処理で、日本語では取得原価の配分と訳されます。

2010年からM&Aを行う際の必須の手続きとなっており、買収してから1年以内の処理が求められています。無形の資産も計上する必要があるため、対象企業の純資産と買収価格の差額、いわゆる「のれん」についても取り扱われます。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「株式譲渡契約書・株式売買契約書(SPA)」とは? 役割と作成時の注意点を解説

「株式譲渡契約書・株式売買契約書(SPA)」とは? 役割と作成時の注意点を解説

2022-09-19

株式譲渡契約書・株式売買契約書は、SPA( Stock Purchase Agreement)といい、企業や個人が保有する株式を売却する際に、買い手との間で交わす契約書を指します。