ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

地域路線の就航 夢潰える エア・リージョナル・ジャパンが破産

alt

2019/01/09(水)公開

~山形・庄内空港へのLCC(格安航空会社)就航を目指していた~

(株)エア・リージョナル・ジャパン(TSR企業コード:022785493、法人番号:2410001011358、千代田区平河町1-9-6、設立平成28年11月、資本金3150万円、平賀清一社長)は12月26日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には横澤康平弁護士(長野国助法律事務所、港区赤坂3-2-12、電話03-3587-2511)が選任された。
 負債は現在調査中。

 地方創生への貢献を主眼に、航空路線網が十分に開設されていない日本海側各地への地域路線への就航を目的に設立された。社長にANA出身の平賀清一氏が就任、首都圏(成田国際空港)・関西圏(関西国際空港)と、既存の航空会社が就航していない東北地方の日本海側エリア(庄内空港、秋田空港)などを結ぶ路線の2020年の開設に向けて航空局、航空機メーカー、地方自治体等を含めた関係各方面と調整を進めていた。
 設立以降、資本増強を進めていたが関係者との調整は進展せず、事業継続を断念し今回の措置となった。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

【ANA】国内最大の航空会社となったANAに死角はないか

【ANA】国内最大の航空会社となったANAに死角はないか

2017/05/19

今回のアーカイブスは、国内最大の航空会社となったANAホールディングス<9202>を取り上げます。成長著しいアジアの未就航路線への進出やLCCによる国内マーケットの新たな需要創出に取り組む一方、地政学リスクの観点から業績好調な旅客需要がいつ暗転するか気が抜けない状況が続いています。