直感よりもデータや実績を重視。おいしい話や儲け話は実現しにくい

そんな宇宙的にも大きな天体移動が始まったこの3月7日の新月ですが、これからの1ヶ月を見てみると、太陽と月が重なる新月と同じ場所に「海王星」という夢見の天体が接近します。

こうなると新月からの1ヶ月は誇大妄想的な影響が強まります。
世間的にはビッグマウスともとれる夢のような世界を語られたり、おいしい話や儲け話なども発生しやすい傾向が出てきます。

ですが、それらが実現する可能性は極めて低いと思っておいた方が良いでしょう。
なぜなら、海王星が接近するだけでなく、3月6日から水星逆行もスタートするからです。
水星逆行期間中は情報の曖昧さが問題になりやすく、この影響は3月28日まで続きます。
この期間中は、予想や直感など曖昧なことで判断をする事なく、しっかりとした正確なデータと地に足付いた実績と経験をもとに判断を下してください。

そのような状況ですから当然、為替や株なども乱高下しやすく予測することが難しいでしょう。

ただ、よい面としては、思ってもなかった閃きは発生しやすいです。
アイデアがどんどん溢れてくる時期で企画を考える上では有利に働きやすいのですが、それを発表したり実行するのは水星逆行が終わってからの3月29日以降がオススメです。

また、この1ヶ月は水害関係にも不安を感じる星配置ですので、気をつけてください。