佐賀興業銀行のM&Aラッシュ

九州北部にあって、交易も盛んに隆盛を極めた有田・伊万里の陶業。ただ、その金融を伊万里銀行だけに依存してよいのかという考えもあった。そこで設立されたのが、伊万里銀行と同年の1882年に設立された銀行類似の有田貯蔵会社であった。

有田貯蔵会社は1888年に有田貯蓄銀行に改組し、のちに有田銀行と商号変更した。一方、明治中期には有田に銀行類似の洪益株式会社が創立され、のちに洪益銀行と改称した。さらに、1892年に協立銀行が創立され、1929年に有田銀行に合併した。そして1939年には、伊万里銀行、有田銀行、洪益銀行などが合併して佐賀興業銀行になった。

佐賀興業銀行は相次いでM&Aを進めていく。1940年には嬉野銀行、塩田銀行を合併し、1941年には伊万里実業銀行、小城銀行、多久銀行、浜銀行、鹿島銀行といった私立銀行の買収を重ね、1942年には蓬莱銀行を買収した。これらM&Aによって地盤を強化し、現在の佐賀銀行につながっていくのである。