menu
Social media

ビジネス

創業家の内紛シリーズ(1)ビジネスライクな争い編

Cover 30bba576 7cac 4115 bad8 0c395f26861f

創業家の内紛シリーズ(1)ビジネスライクな争い編

今回から3回にわたり、「創業家の内紛シリーズ」として、創業家が関係する近年の内紛を振り返ってみたい。第1回目は「ビジネスライクな争い編」としてクックパッド、出光興産、ほっともっとの3社を取り上げる。

■方向性の違いで社長交代となったクックパッド<2193>

2017年3月に開催されたクックパッドの定時総会で、前社長の穐田誉輝(あきたよしてる)氏が取締役から外れることとなり、同社の経営からは完全に手を引く形となった。

穐田氏は過去にカカクコム<2371>の社長に就任しているほか、現在はオウチーノ<6084>やみんなのウェディング<3685>の会長も務める筋金入りの経営者であり、投資家でもある。

穐田氏が料理レシピサイト運営会社であるクックパッドの社長に就任したのは2012年。同社の創業者である佐野陽光氏から「代表執行役」の座を引き継いだ形となる。社長就任後、穐田氏はM&Aによる多角化を展開、株価も上昇するなど実績を上げたものの、「食」を中心にビジネス展開することを望む佐野氏との確執を生んでしまう。

両氏が目指す方向性の違いは埋まらず、2016年3月、約44%の株式を保有する佐野氏が自身を除く取締役の交代を求める株主提案を提出。経営陣はこれを受け入れ、穐田氏は社長を退任。マッキンゼー出身の岩田林平氏が社長に昇格した。ただし、社員からの強い支持もあり、穐田氏の取締役としての地位は存続させていた。

1年後となる2017年3月、定時総会で穐田氏が取締役を退任し、以降はみんなのウェディングなどの経営に集中することになる。なお、定時総会の翌月となる4月、女優の菊川怜さんが一般男性との結婚を発表した。この一般男性とは穐田氏のことである。

■業界再編の行方に暗雲立ち込める出光興産<5019>

2017年7月18日、出光興産の公募増資による新株発行に対する差し止め請求が東京地裁に却下された。この差し止め請求は、昭和シェル石油<5002>との合併に反対する創業家が提起したものである。創業家側は地裁の決定を受けて即時抗告したものの、翌19日には東京高裁がこれを棄却した。

創業家と経営陣の確執は、2015年、月岡社長ら経営陣が昭和シェル石油との統合に向けて協議を開始したことに起因する。統合の協議は順調に進み、同年11月には合併基本合意書まで締結したものの、出光興産の株式33.92%を保有する創業家の出光昭介名誉会長は両社の企業文化の違いなどを理由にこれに反対した。

お家騒動

関連のM&Aニュース

オウチーノ<5216>、投資用海外不動産のセミナー事業を事業譲渡

オウチーノ<6084>、株式交換によりSeven Signatures Internationalを完全子会社化

みんなのウェディング<3685>、取締役による公開買付に関する意見表明

出光興産<5019>、ロイヤル・ダッチ・シェルから昭和シェル石油株式(33.3%議決権比率)の取得完了へ

プレナス<9945>、調味料会社を買収

オウチーノ<6084>、第三者割当増資による新株発行及び自己株式の処分へ

昭和シェル石油<5002>、出光興産<5019>との経営統合時期を変更

クックパッド<2193>、キッチン用品及び雑貨EC事業を京王電鉄グループ<9008>へ譲渡

メドピア<6095>、クックパッド<2193>よりダイエット指導サービス提供会社を譲受け

クックパッド<2193>、みんなのウェディング<3685>の筆頭株主に

クックパッド<2193>、女性向け衣料・キッチン用品等のオンラインショップ運営会社を買収。

クックパッド<2193>、コーチ・ユナイテッドの株式の取得(子会社化)を発表。

出光興産<5019>、インドネシア石炭会社の株式を取得。

出光興産<5019>によるエス・ディー・エス バイオテック<4952>の公開買付が終了

出光興産<5019>、エス・ディー・エスバイオテック<4952>の普通株式及び新株予約権の公開買付を開始

ハークスレイ<7561>、株式交換によりTRNコーポレーション<3351>を完全子会社化

NEXT STORY

【クックパッド】海外レシピ・サービス市場もM&Aで猛攻

【クックパッド】海外レシピ・サービス市場もM&Aで猛攻

2014年より世界の各言語圏でレシピ・サービスを買収し世界展開を本格化したクックパッド。国内最大級レシピ・サービスのM&A戦略と潤沢な現預金から生み出される次の一手は?


注目の記事

Thumb 19292e88 9d26 4acb 8847 a1a104266bdc

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

Thumb ad4bc512 bad0 437f b6fe d32a13aeaec2
Thumb db219acd 25ec 43cb 8d56 3998b0b0f58a
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c