オウチーノは、取締役会において投資用海外不動産(事業売上高:5千万円)を、福岡範洋氏(以下、「福岡氏」)に譲渡することを決議した。

オウチーノは、注力すべき事業領域の見直しの一環として、本事業の譲渡について社内にて慎重に検討を重ねたところ、本件事業譲渡が経営資源の効果的かつ効率的な活用に資すること、本事業の事業価値を維持し安定的な引き継ぎを実行する上で、福岡氏に対する事業譲渡が最も適切であること、従業員のキャリア形成におけるロールモデルの一例としての意義を有することといった観点から、福岡氏に対して本事業を譲渡することが最適であると考え、本件事業譲渡を決定するに至った。

事業譲渡価額:15百万円。

事業譲渡予定日:平成29年10月31日。