menu
Social media

ビジネス

企業のお家騒動・騒乱その行方 【セコム】会長と社長がそろって解職に

Cover 943312c3 3aea 49c2 a7ec c5b18a0b0d95

 警備会社大手のセコム<9735>が2016年5月の取締役会で、前田修司会長と伊藤博社長を突然解職するという事態が発生。同日中に2人とも取締役も辞任しました(両氏はともに特別顧問に就任)。手続き自体に問題はなかったものの、業績絶好調の企業で、明確な落ち度もなく会長と社長が同時に職を解かれるのは極めて異例な事態です。

 新しく社長に昇格した中山泰男氏(元常務)はメディアの取材に対して、前田会長の長期にわたるリーダーシップの副作用で、自由に議論する気風が失われたためと答えています。

 ただ、翌6月にはセコム創業者で最高顧問の飯田亮氏の娘婿が、優れた実績を残しているとして取締役に起用されることとなり、一部では、中山氏の社長就任を含めて飯田氏が自らが望む体制をつくるために動いたのではないか、との臆測を呼んでいます。

まとめ:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


お家騒動

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

企業のお家騒動・騒乱その行方 【クックパッド】創業者が社長を解任

企業のお家騒動・騒乱その行方 【クックパッド】創業者が社長を解任

ニュースやワイドショー、新聞、雑誌などでひとたび話題になると人々の関心を引き、株価にも影響を及ぼすこともある、企業のお家騒動。その騒乱の行方はどうなったのであろうか。これまでに起きた注目の企業のお家騒動をまとめてみた。今回は、クックパッドで起きた対立と退任劇を振り返る。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c