ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

企業のお家騒動・騒乱その行方 【セブン&アイHD】内紛でコンビニの父が退任

alt

 セブン-イレブン及びイトーヨーカドーを傘下に持つセブン&アイ・ホールディングス<3382>で内紛が勃発。セブン-イレブンを育て上げ、日本のコンビニの父とも言われる鈴木敏文会長が退任することになりました。

 事の発端は、鈴木会長が井阪隆一社長の実績に不満を持ち、社長交代を模索したことに始まります。鈴木会長から内示を受けた井阪社長はこれに反対。また、イトーヨーカ堂を創業した伊藤雅俊名誉会長も、これまでは鈴木会長に経営を一任していたものの、社長交代に反対します。

 業績好調の中で、外部に説明できるような理由もなく社長交代は筋が通らないとする社外取締役も加わり、最終的に鈴木会長の人事案は取締役会で諮られることに。賛成7票・反対6票・棄権2票で、賛成票が反対票を上回ったものの、過半数の賛成は得られず、井阪社長交代の人事案は否決に。結果を受けて鈴木会長は以後の経営は後進に譲るとし、自らの退任を発表しました。

 鈴木会長は83歳、いずれ後進に道を譲る必要はありましたが、意外な形での退場劇となりました。

まとめ:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【企業力分析】大戸屋ホールディングス 売上高総利益率悪化の限界

【企業力分析】大戸屋ホールディングス 売上高総利益率悪化の限界

2016/07/31

5月お家騒動勃発、役員人事をめぐって、昨年7月に肺がんで亡くなった2代目、三森久実元会長の創業者一家VS外様との報道があった大戸屋。株主総会でも「前会長が味を追求するために行っていた事業を、収益に今すぐつながらないからやめて、オペレーション(業務の見直し)で利益を出していこうとしているとしか見えない。どういう方向に会社を持っていこうとしているのか」など、厳しい質問が出された。2007~16年3月期までの10年を分析した。

関連のM&Aニュース