オウチーノとみんなのウエディングは、10月1日に経営統合することで合意したと発表した。株式移転により共同持ち株会社「くふうカンパニー」を設立し、傘下に両社を置く。新会社は東京証券取引所に新規上場する。

オウチーノは住宅・不動産関連ポータル事業を手がける。一方、みんなのウェディングは結婚式場の情報や口コミなど提供するポータルサイトを運営する。両社は、住宅・不動産と結婚式という顧客の大きなライフイベントを主力領域としており、それぞれの事業が属するインターネット市場での共通課題の解決などを通じて双方の持続的成長を目指す。

株式移転比率はオウチーノ4.25:みんなのウェディング1。オウチーノの普通株式1株に対して共同持ち株会社の普通株式 4.25 株を、みんなのウェディングの普通株式1株に対して共同持ち株会社の普通株式1株を割り当て交付する。

両社の上場廃止日は2018年9月26日。