ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

企業のお家騒動・騒乱その行方 【一澤帆布工業】相続争いが発生しブランドが分裂

alt

 独特な雰囲気を持つかばんが人気の一澤帆布工業で、先代である父親が他界した後、長男・信太郎氏と四男・喜久夫氏対三男・信三郎氏の相続争いが発生。裁判の結果、先代とともに会社を支えてきた三男・信三郎氏が独立し、ブランドが分裂する騒動が2008年に発生しました。

  先代の遺書が2通あったことが発端となった一澤帆布工業の内紛劇は最高裁まで争われた結果、長男・信太郎氏、四男・喜久夫氏の主張が認められ、会社を支えた三男・信三郎氏は会社を明け渡すことになります。しかし、会社を切り盛りしていた三男・信三郎氏を多くの職人が支持しており、信三郎氏は職人達と独立。新ブランド「一澤信三郎帆布」を設立し、営業を開始します。

 ここまでは、よく聞く企業の内紛劇ですが、職人の多くを失った一澤帆布工業は、事実上営業できない状況に。その後紆余曲折を経て、11年に再び三男・信三郎氏が一澤帆布工業に戻ります。

 相続のもつれが家業を危うくしたものの、元のさやに収まったという珍しい着地となったこの件は、老舗かばんメーカーの相続争いとして大きな話題となりました。

まとめ:M&A Online編集部

【関連記事を読む】
【セブン&アイHD】内紛でコンビニの父が退任
【セコム】会長と社長がそろって解職に
【クックパッド】創業者が社長を解任
【大塚家具】株式市場を巻き込んだ親子げんか

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【M&Aインサイト】株式買取請求の撤回の効果に関して判示した裁判例

【M&Aインサイト】株式買取請求の撤回の効果に関して判示した裁判例

2016/06/23

今回は、株式買取請求の撤回の効果に関して、撤回によっても株式交換前又は後の株式の引渡しを受けることはできず、撤回前と同様に金銭を受け取る権利を有するにとどまる旨を判示した裁判例をご紹介します。