menu
Social media

法律・マネー

DDTプロレスをサイバーエージェントに譲渡 経営者インタビュー

Cover 1e371e42 7963 45fb b2f8 445202474bd6
サイバーエージェントの藤田晋社長とDDTプロレスの高木社長

DDTプロレスは今年で旗揚げ20周年を迎えたプロレス団体で、通常のリングではない場所で行う「路上プロレス」や魅力あるレスラーなどを特徴にファンを増やし、インディーズプロレスを代表する存在となっている。

当初は小規模会場やライブハウスで定期的な興行を開催して、エンターテインメント色を大胆に打ち出すことによって支持を拡大。現在は定期的な両国国技館大会を満員にし、さいたまスーパーアリーナ大会を大成功させるほどの人気団体となっている。

2017年9月1日、そのDDTプロレスの運営団体である株式会社DDTプロレスリングの高木規社長(リングネーム:高木三四郎)は、メディア事業とインターネット広告事業を主とする著名なIT企業、サイバーエージェント<4751>に同社の全株式を譲渡した。自らも選手でありながら、アメリカの業界誌主催である『レスリング・オブザーバー・アワード』にてベストプロモーター部門・第2位を受賞する実力者である高木社長に、今回の譲渡に至られた経緯や背景、またその際に感じられたことなどを伺った。

DDTプロレスリング社長 高木規 氏 (リングネーム:高木三四郎)

「路上プロレス」など意外性のある企画で新たなファン層を開拓
20周年の節目に、さらなる成長を目指してM&Aを選択

--今年、DDTプロレスの旗揚げから20周年の節目となりましたが、これまでにないほどの人気団体となった今、譲渡をご決断されたきっかけや経緯を教えてください。

特に決まったきっかけというのはなく、旗揚げから20年という節目が一つの区切りでした。もともとDDTプロレスは100人、200人ぐらいの集客からスタートして、今ようやく両国国技館や、さいたまスーパーアリーナまでは埋められるようになりましたが、ここまで来るのに立ち上げから20年かかりました。

ここから先を見据えたときに、これ以上に団体を拡大していくには、このままのペースではさらにあと何年かかるだろうか、という気持ちがありました。事業をさらに拡大していきたいという気持ちはあるのですが、これまで以上にペースを上げるには、自分たちだけの力では正直なところ厳しい。ちょうど世間的にプロレス人気が盛り返してきている環境があり、自分たちも団体として大きくなっていけている中で、昨年ぐらいから、本当に今のままの体制で良いのか、もう一つステージを上げるには、成長角度を上げていくにはどうすれば良いかと考えるようになりました。

--ここまでの人気団体に成長されたうえで、さらなる成長と加速を目指されたのですね。

プロレスというのは、やはりスポーツの中でもマニアックなジャンルだと思います。そこから脱却するというわけではないのですが、もう少しメジャースポーツにできるのではないかというような気持ちもありました。うちの団体もそうですし、新日本プロレスさんもそうですし、今、プロレス業界で成功している部類に入る団体というのは、女性ファンの獲得に成功している団体です。そういった意味では、DDTプロレスはかなり早い段階で、従来のプロレスにない取り組みをしてきました。

例えばDDTプロレスの特色の一つである「路上プロレス」という興行では、プロレスのリングではなく、場外乱闘の延長線上のような形で試合を行います。マットも敷きません。商店街の路上であったり、千葉県の銚子電鉄の電車内、また東京・浅草花やしきで開催したこともありました。とにかく知恵を絞ってプロレスの持つ可能性を探り、面白いと思うことには何でもトライして、意外性のある企画を行ってきた結果、女性客や従来のプロレスファン以外の方に見に来てもらうことができました。かなりの急成長を遂げることができて、もちろん新日本プロレスさんと差はあったものの、数年前までは埋められない差ではないと思っていました。

ただ、本当にこの2年くらいで新日本プロレスさんが急成長された。その背景には新日本プロレスさんがブシロードさんのグループに入ったことが大きかったですよね。プロモーションにもお金がかけられるようになって、組織としても従来の個人商店的なプロレス団体ではなく企業化したというか。そういった新日本プロレスさんの急成長を傍から見ていて、焦りみたいなものも感じました。

自分たちDDTプロレスは、このままあと何年ずっと今のペースで続けていけばいいのか?このままで良いのだろうか?そのような思いが強くなってきたのは確かです。だからこそ、自分たちもパートナーシップを一緒に組んでやっていける提携先を考えていました。

譲渡された経営者に聞く

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【現場の声】日本市場撤退、譲渡という道

【現場の声】日本市場撤退、譲渡という道

欧米とは勝手の異なる日本市場の開拓に苦戦した米国法人の事例をご紹介します。会社の譲渡を考えたとき、一体どのようなプロセスを踏むのでしょうか。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333