menu
Social media

ビジネス

【現場の声】M&Aは起業家にとって重要な選択肢のひとつ。恐れずに一歩踏み出そう

Cover 0dc5f663 2b8b 43c4 8d17 9d723cd6a2ea
(写真右)株式会社ポップインサイト 代表取締役CEO 池田朋弘 氏(写真左)案件を担当したストライクの永岡

不特定多数の技術力のある個人と、業務発注をしたいクライアント企業をインターネット上で結び付ける「クラウドソーシング」ビジネス。在宅ワークなど働き方の多様化と、新しい人材との出会いやコスト抑制を図りたい企業の双方のニーズを実現するモデルとして、近年、大きな広がりを見せている。

そのクラウドソーシングを手がけるMIKATAは、時流に乗って急速に発展。設立2年後の今秋に事業の売却が成立した。的確にビジネスシーズ(種)をとらえ、次々と新事業を立ち上げる気鋭の起業家に、その事業観やM&A観を伺った。

大手が取り組みにくい事業の種を見つけ、育てる
社会的役割分担としてのM&Aとは

<お話>株式会社MIKATA 前代表取締役 池田 朋弘 様(株式会社ポップインサイト 代表取締役CEO)

--池田様のご経歴やMIKATAを設立された経緯について教えてください。

私は現在32歳ですが、学生時代から含めると4社の立ち上げに携わりました。1社目は大学在学中で、1つ上の学年に優秀な方がいて、その方と一緒にCTOとして起業しました。地域のクーポンサイトから始まり、途中から近隣の店舗にフリーペーパーを置いてもらう事業などを展開、その後は中小企業向けCMSを開発しました。その会社は大学4年の時に上場会社に売却することになりました。これが最初の起業と売却の経験になります。

大学卒業後はWEBコンサル会社に入社したものの、学生時代に一緒に起業した方がまた新しい会社を立ち上げていて、その事業のマーケティングを手伝ったりしていました。これが2社目です。周囲では起業が普通の選択肢としてあって、しかも彼らはワクワクしながらビジネスをやっています。

私も海外で取り組まれている「リモートユーザテスト」という仕組みを自分で作り、それをもっと広げるため2013年に独立して(株)ポップインサイトというリサーチ会社を設立しました。これが3社目の立ち上げです。

ポップインサイトでは、リサーチに協力してくれるモニター人員を集める必要がありました。そこで、信頼できる口コミレビューサイトがあれば、ポップインサイトにモニターを誘導できるのではないかと考え、個人事業として口コミサイトを開設しました。これが見事に当たりまして、モニター人員の余剰も生まれました。そこでポップインサイト以外の受け皿として、クラウドソーシングサイト「在宅ワークス」を作り、業績が一気に伸長しました。

譲渡された経営者に聞く

NEXT STORY

年金とM&A(2)円滑な制度引き継ぎ 買収後の企業価値を左右

年金とM&A(2)円滑な制度引き継ぎ 買収後の企業価値を左右

​M&Aにおける年金問題に詳しいマーシュアンドマクレナンカンパーニーズの関根賢二氏のインタビューの第2回。関根氏はM&Aの前後で年金制度を円滑に引き継げるかどうかが「買収後の企業価値を左右する」と説く。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c