2016年12月21日、セグエグループ<3968>が上場した。傘下にはネットワークセキュリティ専業のジェイズ・コミュニケーションほか、ジェイズ・テレコムシステム、ジェイシーテクノロジー、ジェイズ・ソリューションがある。

今回は、2012年11月にジェイシーテクノロジーを合弁会社設立した経緯や意図について、セグエグループの代表取締役社長である愛須康之社長とCLINKSの河原浩介社長よりお話を伺った。

それぞれのビジネスモデルやノウハウのみならず
企業文化も融合させて合弁会社を設立

2012年11月、情報セキュリティシステムを手掛けるジェイズ・コミュニケーションとITアウトソーシングやエンジニア派遣を手掛けるCLINKSは、
共同で、ITエンジニアサービス事業を目的とするジェイシーテクノロジーを設立した。

「合弁会社設立のきっかけは?」

愛須社長:弊社は以前から、ITエンジニアサービス会社と業務提携したいとM&Aの専門家に相談をしていました。そんな折に、CLINKSという会社があるので会ってみてはどうかとお引き合わせいただいたのが始まりです。

後でわかったことですが、実はCLINKSさんも自社の業務を拡大するに当たり、パートナーとなる企業を探しているので紹介して欲しいと、同じ専門家に相談していたそうです(笑)。

弊社としては、新しい事業を我々で立ち上げるとしたら、何もないところから始めなければならない。もし優秀な事業部長クラスを一人採用したとしても、組織をゼロから作り上げていくことは時間もかかり、難しいですよね。今回の立ち上げにおいては、CLINKSさんから複数の経験者が弊社に来てくださり、ビジネスモデルやノウハウだけでなく、チャレンジスピリッツに溢れた企業文化までも持ち寄ってくださった。設立後、それがとても大事なことだったのだと気付きました。とても弊社だけでは設立できなかったと思います。

愛須社長

新規上場を果たしたセグエグループの愛須康之社長。「新しい事業をゼロから立ち上げるのは難しい。異なる経営資源を持つ会社と合弁会社を設立するというアライアンス形態は非常に有効だと思います」

「今回設立した合弁会社ジェイシーテクノロジーは、CLINKSさんと同業態ですが、顧客を奪い合う可能性はないのでしょうか?」

河原社長:実は、ITエンジニアサービス事業は、競合があまり発生しない業界なのです。というのも、IT業界がどんどん大きくなっているにもかかわらず、ITエンジニアの数が足りない。不足する人員を同業他社にお願いしたり、逆に弊社から人を提供して融通し合う、そんな背景がありました。

従って、ジェイシーテクノロジーでITエンジニアを採用・教育し、人材を確保すれば、CLINKSとしても他社と協業するよりもメリットがあるだろうと考えたのです。

今回の合弁会社設立のアイデアをM&Aの専門家に伝えたところ、ジェイズ・コミュニケーションさんを紹介してもらうことができました。

弊社の業績は順調に推移していました。しかし、それ以上を目指そうとすると、足かせになったのが資金力でした。人材採用や教育研修のノウハウについては自信がありますが、一気に事業を拡大しようとすると、人材採用のための思い切った投資が必要になります。弊社には人材採用と教育研修という強みがありますので、ジェイズ・コミュニケーションさんの資金力が組み合わさると、双方にメリットが生まれるのではないかと感じたのです。