アドアーズは、中国に設立した完全子会社でアミューズメント施設の運営・企画・開発を行うアドアーズ・マカオ(マカオ特別行政区。売上高557万円、営業利益△2190万円、純資産2980万円)の全株式を、マカオ地区で各種施設運営を展開する野上淳司氏に譲渡することを決議した。

アドアーズ・マカオは、カジノ業界最大手サンズグループが運営するカジノホテル「サンズ・マカオ」内にてアミューズメント施設「ADORES SANDS MACAU」を運営。マカオ進出の目的として、海外における店舗展開のノウハウ獲得、日本版カジノを見据えてのサンズグループとの連携などマーケティングとしての側面をもっていたが一定以上の成果が得られたことや運営コスト負担を踏まえ、今回の譲渡を決議した。

譲渡価額は2300万円。譲渡予定日は2012年4月27日。