コロナ禍の中「収入」が増えるのはどんな人「アデコ」「マイナビ」「ビースタイル」の調査によると

alt
写真はイメージです

コロナ禍で職を失い苦境に陥る人たちが目立つ中、いくつかの調査では、転職で収入を増やす人が多く、人手不足を背景にアルバイトやパートの時給が上昇するなどの現象が生じている。

もちろん「2022年の家計は苦しくなりそう」と予想する人が数多いのも事実で、まだら模様を呈している状況だ。調査の中身を見ていると…。

半数近くが転職後に給与アップ

人材派遣や人材紹介などを手がけるアデコ(東京都千代田区)は、全国の20代から40代までの正社員3951人を対象にコロナ禍の転職(2020年4月以降に行った転職活動)に関する調査を実施した。

この結果、コロナ禍の中、転職した1200人のうち、45.1%が転職後に給与や報酬が増え、21.6%が変わらなかったと回答しており、合わせて7割近くが転職先で前職以上か、同等の給与や報酬を得ていたことが分かった。

3951人のうち54.9%にあたる2169人が、2020年4月以降に転職活動を行い、このうち91.7%に当たる1989人が実際に転職した。さらにこのうちの20代、30代、40代の男女200人をランダムに抽出した1200人を対象に調査した。

1200人のうち、転職を決めた背景に新型コロナの影響があったと回答したのは33.4%で、半数以上の51.8%は、新型コロナの影響はなかったと回答。また、転職した理由は「勤務先の将来性に不安があった」が最も多く、全体の35.3%に達した。

平均時給はさらに上昇も

アルバイト・パート求人サイトなどを運営するマイナビ(東京都千代田区)は、アルバイト募集時の平均時給データを公表しており、直近の2021年11月の全国平均時給は1139円で、前月(1137円)、前年同月(1122円)よりも増加した。

前年同月比は2021年5月以降7カ月連続で増加しており、同期間の前月比では9月を除き、7カ月中6カ月で増加した。

11月の求人件数は前月比、前年同月比ともに増加しており、特に飲食、フードの求人件数(前月比約1.2倍、前年同月比1.6倍)の伸びが大きく、平均時給も前月に続き過去最高額を更新した。

マイナビによると「例年年末にかけて飲食店の人材獲得の需要が伸びるため飲食、フードの平均時給はさらに上昇することが考えられる」としている。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

favyがマイナビと資本業務提携!10億円の資金調達を実施

favyがマイナビと資本業務提携!10億円の資金調達を実施

2018/10/05

飲食店の集客支援などを行うfavyがアルバイト採用のマイナビと資本業務提携を締結しました。favyが第三者割当増資により、マイナビから10億円の資金調達をした形。favyとマイナビは何を狙い、どこを目指すのか?この記事を読めばわかります。