●理想はハスラー・ハッカー・デザイナー

 その上で、具体的に投資判断をする際に見ている要素は2つあるという。1つ目はコンセプトが良いことだ。「スタートアップ時はいろいろな失敗や壁にぶち当たるので一筋縄ではいかない」(澤山氏)中で、大きな方向性が時代の流れに合っているかどうか、そして紆余曲折があっても成長し続けられるコンセプトになっているかを見ている。

 2つ目は経営層がバランスの取れた「チーム」であること。この「チーム」というのがポイントで、経営者1人の場合は投資対象から外すケースも多いという。「1人でできるほどスタートアップは簡単でない」と澤山氏は断言する。

 また、アメリカでは理想的なチーム構成を表すものとして「ハスラー、ハッカー、デザイナー」という言葉があるという。これは、ハスラーはビジネスをつくる人、ハッカーはシステムを作る人、デザイナーは人や会社など全体像に関わる大きなデザインを描く人、という役割分担を意味する。

「もちろん、地域や分野によって必要な能力は変わってくる。そこで必要なスキルセットがそろうことが大事」とライニー氏。例えばBtoBであれば、パワーのある法人営業マンが必要で、さらに日本であれば、“飲みニケーション”もできるような人材がいれば頼もしいだろう。また、役職で表すと、突き進むタイプのCEO(最高経営責任者)、それを固めるCOO(最高執行責任者)やCTO(最高技術責任者)がそろっていることが、良いチームの一例だという。

 中でもITを駆使するベンチャー企業への投資が多い500 Startupsにとって、優秀なCTOは必須の人材と見ている。「技術は外注で」というベンチャーには投資しないこともあるという。一方で、技術面だけでなく、プロダクトの価値をどう売り込むかというマーケティングの視点を持った人材も必須だという。澤山氏は「一番良いプロダクトが勝つとは限らない。技術と同じくらい伝える力も備えておく必要がある」とその重要性に言及する。