ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

コナミ・セントラル・ルネサンス、運動不足のあなたに【スポーツクラブ3選】

alt

ルネサンス、DICの社内ベンチャーが始まり

「スポーツと健康のソリューションカンパニー」を標ぼうするのはルネサンス<2378>。97店舗(ほかに受託34店舗、3月末)を展開し、コナミスポーツ、セントラルスポーツに次ぐ業界3位の座を固める。闘病中の競泳女子の池江璃花子選手は「スポーツクラブルネサンス」に所属する。

ルネサンスの出自はやや意外。1979年に大日本インキ化学工業(現DIC)の社内ベンチャーとして、ボウリング場を改装してテニススクールを千葉市内にオープンしたのが始まり。総合型スポーツクラブに転進したのは80年代後半から。これまで三菱地所、キッコーマン、日機装、帝人などから傘下のスポーツクラブを買収し、全国的な店舗網を確立した。

2014年にはベトナムに進出した。現在、同国初の日本式スイミングスクールをハノイで2カ所運営する。会員数はすでに1000人を超えるという。

大手各社はスポーツクラブの枠を超えて、健康サポートや介護予防に力を注いでいるが、ルネサンスは16年から新業態の介護リハビリ施設「元氣ジム」を展開中。

当初はDICの100%子会社だったが、2004年に株式上場し、今ではDICの持ち株比率は20%を下回り、経営のフリーハンドを手にしている。株主優待券は100株保有で2枚(500株以上は一律10枚)もらえる。1枚につき1人が無料で施設を利用できる。

◎スポーツクラブを取り巻く主な流れ

1964年 東京五輪
1965年 民間スイミングクラブが登場
1970年代 石油危機(73年)、70年代後半にジョギングブーム、ダンスブーム、テニスブーム
1980年代 ローインパクトエアロビクス導入始まる(86年)
エアロビクス、スイミングスクール、スキー、スキューバ、ゴルフブーム
都心だけでなく郊外にも大型クラブ、20代女性から30~40代男女へマーケット拡大
スイミングスクールからスポーツクラブへに業態転換
1990年代 バブル崩壊、赤字クラブ続出。ダンス系・カルチャー系プログラムの導入始まる
中高年層の参加が徐々に進む
2000年代 格闘技系プログラムが広がり始める(00年)、アウトドアフィットネスプログラムの導入が進む(09年)、ホットヨガ業態が広がる(13年)

※セントラルスポーツのHPから抜粋

文:M&A online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【2018年12月M&Aサマリー】買収63件、年間トップ10の大型案件が2つ

【2018年12月M&Aサマリー】買収63件、年間トップ10の大型案件が2つ

2019/01/02

東証「適時開示」ベースで、2018年12月の買収件数は63件。日立製作所がスイスの重電大手ABBの送配電事業を7140億円で取得するのを筆頭に、日本企業による海外M&Aは12件。再建中のパイオニアは香港投資ファンドの傘下入りが本決まりに。