コナミはアビリットを完全子会社化することを決議し、両社で株式交換契約を締結したと発表した。コナミがアビリットの発行済み株式を全て株式交換によって取得する。株式交換実施予定日は2011年1月1日。アビリットは2010年12月21日に上場廃止となる予定。

アビリットはパチスロを中心に事業を拡大してきたが、最近は業績が低迷していた。娯楽事業を展開するコナミの傘下に入ることで、収益・事業基盤の強化を図る。

株式交換比率はコナミ1:アビリット0.052で、アビリットの普通株式1株に対してコナミの0.052株を割り当てる。