M&A速報

日本調剤<3341>、デパ製薬から医薬品製造工場を取得

2014/04/18

日本調剤は子会社の日本ジェネリックを通じて、医薬品を製造・販売するテバ製薬(名古屋市)から埼玉県春日部市にある製造工場を取得し、生産設備の増強を図ると発表した。

ジェネリック医薬品の普及促進に向けた取り組みが強力に進められており、市場拡大が想定される中、日本調剤は生産体制の強化を目指す。

取得価額は約21億円。取得予定日は2014年10月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

【2019年M&A=調剤薬局・ドラッグストア】「破談目立つ」も件数は過去最高

【2019年M&A=調剤薬局・ドラッグストア】「破談目立つ」も件数は過去最高

2019/12/23

2019年の調剤薬局・ドラッグストア業界のM&Aは22件となり、2009年の21件を上回り2008年以降の12年間で最多となった。ただ中止が3件と破談も目立った。

[調剤薬局業界のM&A]大手同士の合併や再編が進むなか、調剤薬局のM&Aはさらに活発に

[調剤薬局業界のM&A]大手同士の合併や再編が進むなか、調剤薬局のM&Aはさらに活発に

2017/10/20

調剤薬局業界は市場形成からまだ歴史は浅いものの、国内でも希有な市場拡大が続いている業界として知られる。最近は調剤を行うドラッグストアが増えており、競争が激化している。業界最大手であるアインファーマシーズですら業界シェアはわずか数%だ。

【日本調剤】医薬分業という企業理念が支えるM&A戦略とは

【日本調剤】医薬分業という企業理念が支えるM&A戦略とは

2016/01/14

貫かれる「医薬分業」の企業理念M&Aから見える薬局への思い。日本調剤のここまでのM&Aの歴史と関連事項をまとめてみた。

M&A速報検索

クリア